ダイエットの方法

授乳中でもダイエットしたい!酵素で食事の置き換えはOK?成功する運動は?

授乳中だからといって、綺麗なママになることを諦めたくない!ダイエットするなら話題の酵素の置き換えダイエットが効果的?産後ダイエットに成功できる運動には何があるの?

育児にも慣れ、少し落ち着いて現状を振り返ってみると、思ったよりも体重が減っていないことに気づき少し焦ってしまうママも多いもの。

 

でも大丈夫。今からでも産後ダイエットを成功させることは可能ですよ。

それどころか授乳中の今だからこそ体重は減りやすいのです

今回は、授乳中のママのダイエットに酵素は効果的なのか、そしてどのような運動がおすすめなのかをまとめています。

授乳中に食事を置き換える酵素ダイエットをしても大丈夫なの?

何かと話題の「酵素」。

酵素を使ったファスティングなら短期間で数kgの体重を落とすこともできると聞いてしまうと、やはり気になってしまいますよね。

確かに、食事を酵素ドリンクに置き換えるダイエット方法は、スピード重視のダイエットには最適です

 

でも、結論から言ってしまうと、授乳中のママにはおすすめできません。

授乳中のママがカロリーを減らし過ぎてしまうと、ママ自身の体調不良に繋がる可能性も高くなってしまい、赤ちゃんにしっかりとおっぱいをあげられなくなってしまう恐れがあります。

そのため、酵素を使ったファスティングで短期間でグッと体重を落とすのは、赤ちゃんの離乳食が始まり、おっぱいからの栄養があまり必要なくなってからにしてくださいね

 

しかし、授乳中のママにも酵素ドリンクはとても効果的。

体内酵素は消化と代謝に利用されていて、20代を境に減少してしまいます。

 

そして、体内酵素が不足した場合は消化に優先的に利用されてしまい、代謝は後回しになってしまうという性質があります。

そのため、体内で不足しがちな酵素を外から補ってあげることで代謝をアップさせ、痩せやすい体質になることが可能

 

このように授乳中のダイエットのサポーターとして優秀な酵素ドリンクですが、選ぶものによっては危険性のある添加物が含まれている場合もあります。

赤ちゃんの大切な栄養源であるおっぱいを作っているママは、ぜひ身体に安心な酵素ドリンクを選ぶようにしてくださいね。

 

選ぶポイントは、授乳中でもOKという表示があるかどうかと、無添加と書かれているかどうかという2点です。

価格や味など色々な商品があるので、安全性に注意しながら、自分に合ったものを選んでみてくださいね。

授乳中のダイエットを成功させる運動とは?

授乳中に限らずダイエットを成功させる秘訣は、適度な運動で筋肉を鍛えて基礎代謝を高めること。

実は、運動をすることにはさらに利点が。それは、食事の好みが変わってくること

 

運動が不足してしまうとジャンクフードやスイーツなどが欲しくなってしまいがちですが、運動をして筋肉に刺激を与えると、自然と筋肉を回復させるために必要な肉や魚、野菜のような栄養のあるものを食べたくなるのです。

その結果、健康的な食生活になり、運動との相乗効果で痩せやすくなります。

 

授乳中に体重が落ちにくい原因は運動不足。

妊娠中にあまり身体を動かさなかったことから、少し億劫になってしまいがちですが、運動を少しするだけで色々な面で痩せやすくなると聞いたら、やる気も出てきますよね。

では、産後ママにおすすめの運動を3つご紹介します。

産後ダイエットの基本 骨盤体操

産後ママが痩せにくい原因の大きなものに、骨盤のゆがみがあります。

骨盤のゆがみによって腰回りが大きくなってスタイルが崩れてしまうだけでなく、骨盤周りの血流が悪くなり代謝にも影響が出てしまいます。

 

そのため、何よりも先に取り組んでもらいたいのが骨盤ケア

寝たままでできるものなので、身体への負担も少なく、赤ちゃんがお昼寝のタイミングに添い寝をしながらでもできますよ。

骨盤体操A

  1. あお向けに寝て両足・両ヒザをそろえ、ヒザを曲げて立てる。腕は横にひろげておく。
  2. そのまま両肩が浮かないようにしながら、お尻をグッと持ち上げる。この時、肩からヒザまでが一直線になるように意識する。ゆっくりと呼吸をしながら10秒間キープ。

お尻を持ち上げた時に両ヒザが離れないように注意しながら、3セット行う。

骨盤体操B

  1. あお向けになって両ヒザを立てる。足の裏をぴったりと床につけ、手のひらは床に向けておく。
  2. 両ヒザが離れない様にしながら左・右交互にヒザを倒す。

2つの骨盤体操を数週間続けると、腰回りのお肉が減ってくるのが実感できるはず。

運動によって調整された骨盤を正しい位置に固定するために、骨盤ベルトや骨盤ショーツなどのリフォームインナーを活用するとより効果がアップしますよ

 

痩せるママだけが知っていた、産後ダイエット成功の秘密はこちら↓
なかなか痩せない理由は骨盤!産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

お風呂でストレッチ&エクササイズ

数時間おきの授乳やおむつ替えで日中に一人の時間を作るのが難しいママも、お風呂の時間はパパに協力をお願いして、自分だけのリラックスタイムを作るようにしてみませんか。

リラックス効果があって発汗も促されるバスタイムにストレッチとエクササイズを行うことは、産後ダイエットに効果的なだけでなく、一人の時間があるということでストレス解消にもつながります。

バスタイムストレッチ

浮力の影響で関節に負担をかけずに、効果的に腰回りのストレッチができます。

  1. 浴槽内に腰を下ろして、両ヒザをまげて姿勢を正す。
  2. 上体を右にひねって浴槽のふちを両手でつかんだまま10秒間キープ。
  3. 左側も同様に。

バスタイムエクササイズ

妊娠中に弱った太ももの筋肉を鍛えるエクササイズ。ヒップアップにも効果的。

  1. 浴槽のふちにつかまり、両ヒザをまげてヒザ立ちになる。
  2. ヒザを肩幅に広げて、腰を下ろす上げるを繰り返す。お尻がつかないように意識する。

最初は10回を目標に、少しずつ回数を増やしてくださいね。

60~100回を目安に毎日続けると、太ももの内側が引き締まってきますよ。

いつものお散歩でシェイプアップ&有酸素運動

赤ちゃんとのお散歩が習慣のママも多いはず。そんな毎日のお散歩も、少しの工夫でシェイプアップ効果大。

産後ダイエットに効果的なお散歩のやり方

  • 大股でテンポ良く歩く。
  • かかとから着地して、足の指にしっかりと体重を乗せる。足の親指で地面を押し出すように意識して歩く。
  • 背筋を伸ばして、腹筋に軽く力を入れて歩く。

毎日のお散歩で脚・お尻・おなか周りの筋肉が刺激されて、シェイプアップに繋がります。

長時間歩き続けることよりも、毎日続けることが大切。

参考:出産後、母乳育児なのに太った。授乳中に安心して取り組めるダイエットとは

まとめ

授乳中からダイエットを始めて、早く妊娠前のスタイルを取り戻したいというのは産後ママの誰もが思うこと。

でも、ファスティングのような極端な食事制限は授乳中のママには厳禁。

話題の酵素を取り入れたいなら、栄養の補助として活用してくださいね。

 

そして、産後ダイエットでポイントとなる骨盤ケアも忘れずに。

今の少しの頑張りで、スタイルの良い素敵なママを目指しましょう

 

痩せるママだけが知っていた、産後ダイエット成功の秘密はこちら↓
なかなか痩せない理由は骨盤!産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

 

今回の記事はあなたのお悩みの参考になりましたか?
この記事が少しでもお役に立てたのでしたら、下記のボタンをクリックしてランキングに協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
   にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ

ABOUT ME
misa
妊娠前は身長160cm、体重52kgのごく普通の体型。 出産後、なかなか減らない体重に苦しみながらも、結果として-15kgのダイエットに成功。 育休明けには、妊娠前よりも3kg減の49kgに。 この経験を生かし、痩せたいけど痩せられないという悩める産後ママのため、実体験を基に「綺麗に痩せられる方法」をお伝えするブログを立ち上げました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です