ダイエットの方法

産後太り1 年でもダイエット成功!激太りのママでも痩せられた食事習慣の秘密とは?

産後ダイエットのゴールデン期は出産から6ヶ月間。その間に普通に食事をしているだけでスッキリと痩せてダイエットに成功したママも多い一方で、産後1年経つのに全然痩せない!と思っているママも多くいます。

 

出産から6ヶ月間の痩せるタイミングを逃してしまったし、もうダメかもと諦めていませんか?

でも大丈夫。

産後1年経っても痩せられていないママでも、正しくダイエットすれば産後太りを解消できますよ

産後1年たったのに痩せられなかった理由

出産から6ヶ月の間が、妊娠中に増えた体重を減らすチャンスと聞いたことはありませんか?

通常、この6ヶ月間に開いてしまった骨盤が元に戻り、母体を守るために付いていた脂肪も消費され、妊娠前の体型に戻るはずなのです。

でも痩せられなかったのは何が原因だったのでしょうか?

完全ミルク育児だった

母乳育児中のママは、それだけで+600〜700kcalほどのエネルギーを消費しています。

この差は歴然。

母乳育児中のママと同じように食事をしていると、この差の分カロリーオーバーになってしまうのです。

卒乳・断乳後もそれまでの食生活を続けてしまった

赤ちゃんの離乳食が始まると、母乳育児によって消費されていたエネルギーに期待できなくなります。

すると、今まで通りの食生活では簡単にカロリーの取り過ぎに

でも、授乳中に習慣化した食生活は、意識的に変えようとしないとそのままになってしまいます。

ストレスの蓄積

出産後は、慣れない育児や生活環境の変化など、どうしてもストレスが溜まりがち。

このストレスにを簡単に解消できる方法が何か口にすること。

 

食べることによってポジティブで楽しい気持ちの時と同じように、ドーパミンが分泌されます。

そのためストレスが蓄積されやすい産後ママは、甘いものの誘惑でカロリーオーバーになってしまうのです

運動不足

妊娠中は身体があまり自由にならないため、ほとんど動かない生活を続けていたママも多いはず。

出産した後もその習慣が抜けず、部屋に閉じこもりがちでいてしまうと、筋力が低下したままとなってしまい、基礎代謝も上がらず、結果として1日に消費できるエネルギーが減ってしまいます

 

あなたと同じように産後太りに悩まされた経験を元に、誰でも簡単に産後ダイエットを成功させられる骨盤ショーツをまとめました。

産後1年からの産後ダイエットを成功させたいなら、ぜひクリックして確認してみてくださいね。
→_産後太り克服マイナス15kgで分かった、産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

産後1年でもまだ間に合う食事を見直して痩せる方法

出産から1年経っても痩せられなかった大きな理由は、カロリーの取りすぎ。

そのため、出産から1年以上経過してしまったママにオススメのダイエットは、やはり食事の見直しです。

最初は難しいと思うかもしれませんが、習慣化して生活に取り込むことができれば、ダイエットと意識せずに無理なく続けられますよ。

産後ダイエット向きのメニューとは?

オススメはやはり和食。

和食の基本は一汁三菜。ご飯とお味噌汁+おかず3品(主菜1+副菜2)という栄養バランスの取れやすい構成になっています。

 

そして、蒸したり焼いたりという油をあまり使わない調理方法のものが多く、野菜もたくさん使うため食物繊維やさまざまな栄養素を満遍なく取り入れることができます。

そのため、まずは一汁三菜のメニュー構成になるように意識して食事を作ってみてください

 

品数が多くて大変そうと思ったかもしれませんが、実は意外に簡単。

まずはメインのおかず(例えば、焼魚や肉じゃが)を決めて、あとは副菜を2品加え、ご飯とお味噌汁を添えるだけ。

 

この副菜は、ワカメときゅうりの酢の物や小松菜のおひたしなど、あまり時間をかけずに作れるシンプルな調理法のものでOK。

クックパッドなどで「常備菜」と調べれば色々なものが出てくるので、何品かまとめて作って冷蔵庫に入れておけば、あとは主菜とのバランスを考えて食卓に出すだけ。毎日のご飯作りが今より楽になりますよ。

 

慣れてきたら、さらに気にしたいのが「まごわやさしい」

どこかで聞いたことがあるかもしれませんが、健康に役立つ食材の頭文字を取ったもの。これを意識することで、より栄養バランスの整った食事になりますよ。

 

そんなに難しく考えなくて大丈夫。和え物にゴマを加えてみたり、味噌汁の具材にキノコや芋類を使ったりと、ちょっとしたことで簡単に取り入れられます。

ま(まめ) 味噌や納豆・豆腐などの豆製品
ご(ごま) 胡麻・アーモンド・くるみ・落花生などの種子類
わ(わかめ) わかめ・昆布・海苔・もずくなどの海草類
や(やさい) 緑黄色野菜や淡色野菜などの野菜類
さ(さかな) DHAやEPAを多く含む青魚やカルシウムの多い魚類
し(しいたけ) 椎茸・エリンギ・しめじ・舞茸などのきのこ類
い(いも) さつまいも・さといも・やまいも・じゃがいもなどの芋類

ダイエット効果のある食べ方は?

同じ食事でも、食べ方次第でダイエットになることを知っていましたか?

まずは食べる順番

  1. 副菜(野菜を使ったおかず)
  2. 味噌汁
  3. 主菜
  4. ご飯

この順番で食べれば汁物によって満腹感が得られやすくなるだけでなく、野菜に含まれる食物繊維が血糖値の急激な上昇を防ぐので、糖を脂肪に変えるインスリンが分泌されにくくなりダイエットに繋がります。

 

そして、ゆっくりと食べることもダイエットには効果的

満腹中枢は食事を始めてから20分後に働くので、お腹が空いた時に急いで食べてしまうと、脳が満足する前に必要以上に食事を取ってしまうことになります。

 

そのため、できる限りしっかりと噛むことを意識してみましょう。

消化の上でも1回あたり30回以上噛むと良いと言われていますので、ぜひ心掛けてみてくださいね。

 

参考:産後太りがやばい!痩せるはずなのにどんどん太るママに気をつけて欲しい4つのこと

まとめ

出産から6ヶ月までの痩せ期にダイエットできなかったママでも大丈夫。

産後ダイエットはいつから始めても、正しい方法で取り組めばちゃんと成功できるのです

ダイエットの味方である和食中心の食事は、家族の健康にもとても良いもの。ぜひ取り入れて、ママのダイエットだけでなく、家族の健康管理も成功させてくださいね。

 

痩せるママだけが知っていた、簡単に産後ダイエットを成功させる秘密はこちら↓
産後太り克服マイナス15kgで分かった、産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

 

今回の記事はあなたのお悩みの参考になりましたか?
この記事が少しでもお役に立てたのでしたら、下記のボタンをクリックしてランキングに協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
   にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です