ダイエットの方法

授乳中は太りやすい?産後の母乳育児で太る原因4つとその解決方法

母乳育児をすれば自然と痩せると聞いていませんでしたか?でも、授乳中もどんどん体重が増えてしまい、「私だけ太りやすい体質なの?」とガッカリ。

実は、授乳中のママは4つの原因で逆に太りやすいとも言えるのです。

母乳育児中なのに太ってしまう理由を探り、どうすれば痩せられるのかを確認してみましょう

>>お腹のたるみが戻らず、一生産後太りのままになってしまったらどうしますか?
調査によると、出産後80.1%のママが妊娠前の体型に戻りたいと思っているにも関わらず、60.9%のママのお腹のたるみが戻らず、さらに41.7%のママは産後太りのまま体型が戻っていないという結果に。
あなたは大丈夫ですか?

 

授乳中に太りやすくなってしまうのはどんなママ?

母乳育児をしているママは、ミルク育児のママより消費エネルギーが多くなるので、痩せやすいといわれています。

でも、痩せない。そう思っていますよね。

 

確かに授乳中はダイエットのチャンスですが、次のようなママは逆に太りやすくなってしまうのです。

  • お腹が減って食べ過ぎてしまう
  • 赤ちゃんのお世話が大変で栄養不足気味
  • お菓子や菓子パンで食事を済ませてしまう
  • ストレス解消に食べてしまう

では、それぞれの原因を詳しく見てみましょう。

 

母乳育児で痩せるママだけが知っている、産後ダイエット成功の秘密はこちら↓
産後太り克服マイナス15kgで分かった、産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

母乳育児でお腹が減って食べ過ぎてしまう

授乳中は食べたものがどんどんおっぱいになってゆきます。

そして、それを補うためにお腹が空いてしまい、つい食べ過ぎてしまいます。妊娠中にたくさん食べる習慣があったママならなおのこと。

 

でも、いくら母乳育児をしているからといって、カロリーを取り過ぎたら太ってしまうのは当然です

そのため、お腹が空いているからとお腹いっぱい食べるのではなく、腹八分目に控えるようにしましょう

食事を始めてから20分後から満腹中枢が働き出すので、よく噛んでゆっくり食べることで、満足感も得られつつ食べる量を減らすことができます。

 

また、空腹の時間が長いことで食欲を抑えにくくなりますので、適度に間食をとってみましょう

この間食には、しっかりと噛む必要があって、栄養も補給できるナッツ類やドライフルーツがオススメ。

赤ちゃんのお世話が大変で栄養不足気味

慣れない育児で、食事をとることができなかったり、偏った食生活になってしまうとママ自身が栄養不足気味に。

すると、代謝に必要な栄養素が不足してしまい、食べたものがエネルギーになりにくくなってしまいます

 

特に不足しがちなのが鉄分とビタミンB群

これらの栄養素は細胞がエネルギーを作り出すのに必要不可欠。

それだけでなく、鉄が不足すると体が冷えやすくなってしまったり、眠りが浅くなってしまったりという影響が出てきます。

 

そしてビタミンB群が不足すると気分が落ち込みやすくなってしまったり、慢性疲労になってしまったり。

これらを防ぎ、食べたものをエネルギーとして消費しやすくするために、意識して鉄分とビタミンB群の含まれている食材を取り入れましょう。

 

鉄分の多い食材

レバー・大豆・青菜・魚・肉 など

ビタミンB群を豊富に含む食材

レバー・玄米・卵・豆類・葉野菜 など

 

これらの食材を組み合わせた食事をとるのが一番ですが、忙しくて料理をする時間もない日もあるはず。そんな時は、授乳中でも飲めるサプリメントを利用してみてくださいね。

 

産後の栄養不足でなかなか痩せないママの為の、鉄分・ビタミンB群補給サプリメント
初回66%オフの1,480円!「 美めぐり習慣 」

お菓子や菓子パンで食事を済ませてしまう

忙しくて自分の食事を作る時間がないといって、手軽な菓子パンなどで食事を済ませてしまうこともよくありますよね。

このような糖質のみの食事をしてしまうと、食べた直後に血糖値が急上昇し、それを抑えるためにインスリンというホルモンが分されます

このインスリンは肥満のホルモンとも呼ばれ、血液中の糖をエネルギーとして利用するだけでなく、余った糖を体内に蓄積するという働きもしてしまいます。

 

そのため、糖質に偏った食事ではなく、野菜や肉などの栄養バランスを考えた食事を心掛けましょう

お肉やお魚に軽く塩をふって焼いたものと、具沢山のお味噌汁をご飯に添えるだけでも十分。

血糖値の上昇を緩やかにするために、野菜などの食物繊維の多いものから食べ始めるのがポイントです。

ストレス解消に食べてしまう

慣れない環境や寝不足続きの毎日にストレスが溜まってしまい、それを食欲で発散していませんか?

ストレスを感じた時、手っ取り早く満足感を得るために食べものを口にしてしまうというのは、誰でも一度は経験したことのあるもの。

これは生理的な現象なので、食べてしまったあなた自身を責める必要はありません。

ここで罪悪感を持ってしまうと、それがストレスになってさらに食べてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

そのため、簡単に食べられる菓子パンやスナック類は見えないところにしまい、すぐには出せないようにしてみましょう。

そして「何か食べたい!」と思った時には、温かいお茶をゆっくりと飲んだり、外に出て気分転換をしてみたりと、何か別のストレス解消方法を見つけてくださいね

 

参考:産後太りがやばい!痩せるはずなのにどんどん太るママに気をつけて欲しい4つのこと

授乳中の産後ダイエットを確実に成功させる方法

授乳中になのに太ってしまうママの産後ダイエットを、今から成功させるには骨盤ショーツによる骨盤ケアも同時に進めるのが確実。

もちろん、骨盤ショーツがなくても産後ダイエットに成功することは可能です。

 

でも、産後ダイエットに限らず、ダイエットに失敗する原因は努力の結果がなかなか目に見えないから

その為、早く目に見える効果を得ることで産後ダイエットを継続させ、妊娠前のスタイルや体重を早く取り戻したいなら、ただ着用するだけで骨盤矯正効果をアップさせられる骨盤ショーツの活用がオススメ。

 

特にウエスト部分から太ももをカバーしてくれるガードルタイプなら、産後に気になる部分をくまなくケア。

それだけではなく、履いた瞬間からペタンコお腹にキュッと上がったヒップを手に入れられるので、気分も上がり、産後ダイエットにますます前向きな気持ちになれますよ。

 

骨盤ショーツは調べてみると色々とありますが、これは一番おすすめというのが骨盤矯正のプロが作ったマジカルシェリー

他の骨盤ショーツには無い段階調節機能ベルトによって、あなたのその時の体調に合わせてお腹周りの締め具合を調整可能。

苦しすぎないから、授乳中でも無理なく骨盤ケアを続けられますよ。

 

産後太りに苦しんだ私の産後ダイエット成功の鍵は、骨盤ショーツといっても過言ではないほど。

そのため、本気で産後ダイエットを成功させたいのなら試してみない手はありませんよ。

 

履くだけ骨盤ケア 骨盤ショーツ『マジカルシェリー』 公式ページはこちらから
※クリックしてページが表示されなければ売り切れです。私が試した頃は簡単に買えましたが、今はTVなどでも取り上げられて大人気の様子。期待させておいて、売り切れていたら本当にごめんなさい。

まとめ

痩せると思っていた母乳育児で太ってしまったママも、まだ大丈夫。

太る原因となっていたことを改善すれば、授乳中でも無理なく体重を落とすことができますよ

 

ポイントは4つ。

  • 食事はゆっくりと。腹八分目にする。
  • 不足しがちな鉄とビタミンB群を補う。
  • 糖質に偏った食事とせず、肉や野菜などもしっかりと食べる。
  • 食べること以外のストレス解消法を見つける。

それほど難しいことではないので、生活に取り入れてみてくださいね。

そして、赤ちゃんとのかけがえのない時間を楽しみながら、素敵なママを目指してくださいね。

 

産後ダイエットにもう失敗しない!痩せるママだけが知っている成功の秘密はこちら↓
産後太り克服マイナス15kgで分かった、産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

 

今回の記事はあなたのお悩みの参考になりましたか?
この記事が少しでもお役に立てたのでしたら、下記のボタンをクリックしてランキングに協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
   にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ

ABOUT ME
misa
妊娠前は身長160cm、体重52kgのごく普通の体型。 出産後、なかなか減らない体重に苦しみながらも、結果として-15kgのダイエットに成功。 育休明けには、妊娠前よりも3kg減の49kgに。 この経験を生かし、痩せたいけど痩せられないという悩める産後ママのため、実体験を基に「綺麗に痩せられる方法」をお伝えするブログを立ち上げました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です