ダイエットの方法

産後太りでお腹がヤバイ!お腹ぽっこりを解消する産後ダイエットとは?

産後太り、特に産後のお腹のたるみがなかなか元に戻らないと悩むママも多いもの。そして、「これはやばい!もう元に戻らないのでは・・・」という不安もよぎっているはず。

 

妊娠中10ヶ月かけて大きくなったお腹は、赤ちゃんが生まれたからといってすぐには元に戻りません。

出産したはずなのにお腹がぽっこりとしていたり、おへそを中心に伸びきってしまった皮膚がシワシワにたるんでいたりと、なかなか妊娠前の服を着られるようになりませんよね。

いつまでも妊娠中と同じダボっとした服を着ているのではなく、早くウエストのぴったりとしたスカートやパンツを着て、綺麗なママとして赤ちゃんと一緒にお散歩したい!

 

安心してください。

産後のお腹はそのままにしているとなかなか元に戻りませんが、しっかりケアをしてあげれば驚くほどすっきりしますよ

この記事では、産後太りでぽっこりとしてしまったお腹をすっきりしたウエストにできる方法をお伝えします。

産後太りでお腹がやばい!ぽっこりお腹の原因は?

もうお腹に赤ちゃんはいないはずなのに、いつまでもぽっこりとしているお腹。

産後ママのお腹はどうしてぽっこりしてしまうのか、それには3つの原因があります。

  • 基礎代謝の低下
  • 筋力の低下
  • 骨盤の歪み

それぞれを詳しく見てみましょう。

基礎代謝の低下

基礎代謝とは何もしなくても消費するカロリーのこと。

基礎代謝が良いと、1日の消費カロリー全体が底上げされるので痩せやすくなります。

 

でも、妊娠中はどんどん大きくなってくるお腹の影響で動きにくくなったり、母体の安全のために運動を控えたりしていたのではないかと思います。

そのような状態を続けていると、だんだんと筋力が落ちてしまい基礎代謝も低下。結果として、太りやすく痩せにくい身体に

そして妊娠中に蓄えられた脂肪のうち、出産後に消費されなかったものが皮下脂肪として残り、ぽっこりお腹の原因となるプニプニとしたお肉になってしまいます。

筋力の低下

妊娠中はリラキシンというホルモンの働きによって、関節や筋肉が緩みます。

そして、お腹が大きくなった身体のバランスを取るため反り腰になり、腹筋が引き伸ばされて筋力が低下。

これらにより、筋肉で内臓を支えきることができず、下がりがちになってしまうことがお腹のぽっこりの2つ目の原因

骨盤のゆがみ

妊娠から出産にかけて大きく開いた骨盤。この歪みがお腹ぽっこりの3つ目の原因。

骨盤は上半身と下半身をつなぐ、身体の基礎。

 

そこに歪みが生じてしまうと、背骨や股関節などに影響してしまい、筋肉のバランスも悪化

その結果、お腹に皮下脂肪がつきやすくなってぽっこりとしてしまいます。

 

お腹ぽっこりを解消して、簡単に産後ダイエットを成功させる秘密はこちら↓
産後太り克服マイナス15kgで分かった、産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

産後のお腹ぽっこりの解消法とは

では、出産後になかなか解消されないお腹のぽっこりは、どのようにケアすれば良いのでしょうか。

それには、基礎代謝を上げて、筋力をアップさせ、骨盤の歪みを矯正すること。

それぞれ効果的な方法をご紹介。

レモン白湯で代謝をあげて消費カロリーup!

基礎代謝が落ちてしまった産後ママにオススメなのが、白湯を飲むこと

朝一番に白湯を飲んで内臓をじっくりと温めると胃腸の活動が促進され、老廃物がどんどん排泄されて代謝も活発になります。

そして、内臓温度が1℃上がると、基礎代謝は10~12%ほどアップ。脂肪が燃焼されやすい身体になります。

 

ここでさらに効果をアップさせるのがレモン

レモンに含まれる「エリオシトリン」というポリフェノールには脂肪の蓄積を防ぐ働きがあります。

 

それだけでなく、レモンに多く含まれているビタミンCには疲労回復効果も。子育てや環境の変化で何かと疲れがちな産後ママは是非とりたいもの。

レモンのくわえ方は、お湯200mlに対して最大でも大さじ1杯まで。生レモンがなければ、レモン果汁でもOK。

 

レモン白湯ダイエットの基本

  • 朝起きたら食事の前にゆっくりと時間をかけて飲む。
  • 1回あたり200ml前後の白湯を飲む。レモンは最大でも大さじ1杯まで。
  • 白湯は、やかんで10~15分煮立たせたものが理想的。
  • 温度は50℃前後。口に含んだ時に少し熱いかなと思う程度が目安。
  • 飲む回数に決まりはなし。多く飲みすぎると、逆にむくみなどの原因になるので、1日あたり800mlまでが目安。

足パカダイエットでお腹も骨盤もすっきり!

産後ママの筋力低下と骨盤の歪みのどちらにも効果的なエクササイズをご紹介。

それは、足パカダイエット

 

足パカダイエットが美脚作りに効果的と聞いたことがあるママも多いのではないかと思いますが、それだけでなく下腹部やお尻の筋力アップ、そして骨盤の調整にも効果があるのです

さらに、大きな筋肉である太ももの筋肉を鍛えられるので、全身の代謝がアップして脂肪を燃焼しなすくなります。

基本の足パカダイエットのやり方

  1. 仰向けに寝て膝を軽く曲げる。脚は天井に向けて伸ばす。
  2. つま先を伸ばして、脚を左右に開く。5秒キープ。
  3. 脚を閉る。
  4. 以上を10回繰り返す。

ポイント

  • 運動効果が下がるため、脚を開くときは開ききらないこと。
  • 腰が床から離れないよう姿勢に気をつける。
  • 呼吸を止めないこと。脚を開く時に息を吐き、閉じる時に吸う。

エクササイズと並行して行うと効果的なのが骨盤ベルト

骨盤ベルトによって太ももの付け根の大転子という骨をしっかりと押さえておくことで、骨盤の回復をより早めることができますよ

 

毎日着用するもなので、できる限りストレスの少ないものがベスト。

私は骨盤ベルトを使用していた時、力加減が強すぎたからか着用部分に色素沈着がおきてしまい、骨盤ケアはしたいけどあまりにもみっともないと悲しくなりました。

そのため、正しい位置への着用が簡単で、力加減を考える必要もない骨盤ベルトとアンダーウェアが一体化している骨盤ショーツをオススメしています。

 

産後のお腹のたるみを効果的に解消して、産後ダイエットに成功する方法はこちら↓
産後太り克服マイナス15kgで分かった、産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

まとめ

産後のお腹のぽっこりは、なかなか解消できないと諦める必要はありません。

正しくケアすれば、妊娠前のようなすっきりとしたウエスト周りがあなたのもの。

育児や家事に忙しい毎日の中で、少しずつコツコツと取り組んでみてくださいね。

 

参考:産後太りがやばい!痩せるはずなのにどんどん太るママに気をつけて欲しい4つのこと

 

今回の記事はあなたのお悩みの参考になりましたか?
この記事が少しでもお役に立てたのでしたら、下記のボタンをクリックしてランキングに協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
   にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です