ダイエットの方法

産後の食べ過ぎで痩せたいのに痩せない!そのとっておきの解決方法とは

産後食べ過ぎで痩せられないと悩むママは多いもの。ただでさえ忙しくて大変な毎日。

食事制限なんてストレスが溜まりそうで嫌。そもそもお菓子を食べることがストレス解消法なのにと思っていませんか。

 

産後太りが解消できず痩せられないのは、カロリーオーバーになっているから

このオーバーしてしまっている部分は、身体が本来必要としているエネルギーではないもの。

 

つまり、必要な量だけ食べられれば痩せることができるのです。

必要な量だけ食べるといっても食欲が抑えられない。そんなママのために、この記事では食欲をコントロールする方法をご紹介します

>>お腹のたるみが戻らず、一生産後太りのままになってしまったらどうしますか?
調査によると、出産後80.1%のママが妊娠前の体型に戻りたいと思っているにも関わらず、60.9%のママのお腹のたるみが戻らず、さらに41.7%のママは産後太りのまま体型が戻っていないという結果に。
あなたは大丈夫ですか?

 

なぜ食欲を抑えられず食べ過ぎてしまうのか?

身体が必要とするエネルギー以上に食べてしまうのはなぜなのか?

それには、

  • 脳が欲しがるニセの食欲
  • ストレスからくる食欲

この2つが関わっています。

脳が欲しがってしまうニセの食欲とは?

私たちの食欲は脳によってコントロールされています。

そして身体のエネルギーが不足してくると食欲を増させ、不足していたエネルギーが補われると今度は満腹感によって食欲を抑えてくれます。

 

でもそれだけでは済まないのが脳の難しいところ。

本来ならエネルギーが不足しないと食欲はわかないはず。

でも、ご飯を食べてお腹いっぱいなのに、甘いものの誘惑に勝てないという経験はありませんか?

 

それは脳が目の前のケーキやお菓子の見た目の情報を取り入れて、過去の経験から「これは美味しいに違いない」と判断をしてしまうから

そうなると、お腹いっぱいでもなんでもいいから「食べたい」というニセの食欲に繋がってしまうのです。

ストレスが食欲を刺激

ニセの食欲のほか、産後ママの食べ過ぎの原因となっているのがストレス。

なぜストレスが食欲を刺激するのか?それは、ストレスを感じている状態というのが人間にとって危機的な状況だから。

その危機に立ち向かうエネルギー源を確保しようと、必要以上に食欲が出てしまうのです。

 

産後ダイエットにもう失敗しない!骨盤ショーツランキングはこちら↓
なかなか痩せない理由は骨盤!産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

食欲を上手にコントロールするには?

では、ニセの食欲やストレスによる食欲に立ち向かうにはどうすればよいのでしょうか。

ニセの食欲〜脳の食べたい!への対処法

おいしいものを味わいたい。それが原因となるニセの食欲はどうすれば抑えられるのでしょうか。

実際は満腹なのに、目の前の食べ物のの誘惑に勝てないのは、それを口にすることによる快楽を脳が欲しがってしまうから。

その時的な興奮を抑えて理性的に判断できるようになれば、自然と食べたい気持ちがなくなってゆきます

 

それには、食べたいと思ったら一旦違うことをして、目の前の食べ物から気持ちをそらすこと

そうすると、脳の興奮が収まり、理性的な判断ができるようになりますよ。

自分の食欲を上手にコントロールするには

実際にお腹が減っていないのに感じてしまう食欲。これを上手にコントロールするにはどうすればよいのでしょうか。

その鍵は、脳内物質のヒスタミンにあります

 

ヒスタミンというと、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状の原因となることで知られていますが、実は脳内で食欲を抑えてくれる働きもあるのです

さらにこのヒスタミンには、脳内で交感神経を刺激することで内臓脂肪を減少させるという嬉しいオマケも。

 

ところが、先ほどの花粉症やアトピーの例の通り、ヒスタミンは脳以外ではアレルギーの原因となってしまうため、食べたり飲んだりということで増やすことができません。

でも大丈夫。脳内でヒスタミンを作り出すことができるのです。

 

それはよく噛むこと。

その刺激によって脳内でヒスタミンが作り出されることによって、満腹中枢から「お腹いっぱいになった」という信号が送り出されるのです。

このヒスタミンの分泌にはたくさん噛むことが重要なので、1口あたり30回を目安にしっかりと噛むことを心がけてくださいね

 

そして、ヒスタミン自体は食物などとして取り入れることはできませんが、必須アミノ酸のヒスチジンは体内に取り込むことでヒスタミンに変化させることができます

特にヒスチジンが多く含まれているのが青魚。

毎日の食卓にヒスチジンを多く含む魚料理を取り入れるだけで、脂肪燃焼や食欲抑制効果に有効なヒスタミンの材料となるヒスチジンを取り入れることができますよ。

ヒスチジンを多く含む食材

  • マグロ、カツオ・ブリ・サバ・サンマなどの青魚
  • 鶏胸肉、豚赤身肉などの肉類
  • チーズやヨーグルトなどの乳製品
  • 大豆やきな粉などの大豆製品 など

まとめ

産後の食べ過ぎで痩せないママが食欲をコントロールするために重要なポイントは、

  1. 食欲を抑え内臓脂肪を減少させる「ヒスタミン」を作り出すため、よく噛んで食べること
  2. ヒスタミンの材料となるヒスチジンを含んだ食べ物をとること

どちらも生活の一部とすることで、無理なく産後ダイエットを成功させられますよ。

この習慣は一生もの。少しの努力で、ずっとスリムなママでいられるよう頑張りましょう!

 

参考:産後太り。痩せたいのに痩せない下半身には骨盤矯正がオススメ!

 

今回の記事はあなたのお悩みの参考になりましたか?
この記事が少しでもお役に立てたのでしたら、下記のボタンをクリックしてランキングに協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
   にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ

 

 

ABOUT ME
misa
妊娠前は身長160cm、体重52kgのごく普通の体型。 出産後、なかなか減らない体重に苦しみながらも、結果として-15kgのダイエットに成功。 育休明けには、妊娠前よりも3kg減の49kgに。 この経験を生かし、痩せたいけど痩せられないという悩める産後ママのため、実体験を基に「綺麗に痩せられる方法」をお伝えするブログを立ち上げました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です