ダイエットの方法

産後の体重はいつから減るの?なかなか体重が減らないあなたにおすすめのダイエット方法

出産してお腹に赤ちゃんはいなくなったけど、その後、思ったよりも体重が減らない。いつから体重が減るの?と不安になってしまいますよね。

その気持ち、痛いほどよく分かります。

私も、出産後に妊娠前とは全く変わってしまった体型を見て、若干の絶望感を味わいました。

 

そして、本当に元に戻るのだろうか?戻るならいつ?何かやったほうが良いことはあるの?と頭の中が疑問でいっぱいに。

私と同じように、体型をなんとか元に戻したいと思っているママのために、産後ダイエットのポイントと成功しやすい方法をご紹介します

出産後、体重はいつから減るの?

早く妊娠前の体型に戻りたい。産後ママみんなの望みですよね。

そのために、少しでも早くダイエットを始めたい!という焦る気持ちはよく分かります。

 

でもちょっと待ってください。

出産から1ヶ月の間は、子宮が急激に収縮し、身体が元に戻ろうと大きく変化する時期。

ここで無理をしてしまうと、将来的に尿もれや腰痛といった身体のトラブルだけでなく、産後うつといった心の問題にも繋がりかねません。

 

少なくとも産後1ヶ月の間は、生後間もない赤ちゃんのお世話や日常の必要最低限の動作以外はできる限り行わず、身体をゆっくりと休ませるようにしてくださいね

多くのママは、退院後の24時間体制の赤ちゃんのお世話や授乳によって、だいたい産後2ヶ月くらいから自然と体重が減ってきます。

 

ここで体重が減らなくても焦らないで!

最適なタイミングで正しくダイエットすれば、体重もしっかり落ちて体型も元に戻せますよ

 

あなたと同じように産後太りに悩まされた経験を元に、誰でも簡単に産後ダイエットを成功させられる骨盤ショーツをまとめました。

なかなか減らない体重を減らしたいなら、ぜひクリックして確認してみてくださいね。
→_産後太り克服マイナス15kgで分かった、産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

産後ダイエットに成功しやすいのはいつまで?

出産により開いた骨盤は、産後4ヶ月ほどかけて自然に元の位置に戻ろうとします。

そして、骨盤周りのじん帯もまだ柔らかくしなやかなままなので、ここで骨盤矯正を行うと効果が出やすくなります。

 

また、妊娠中に赤ちゃんを育てるために身体に蓄えられた脂肪もまだ柔らかく落としやすい状態なので、セルライト化する前に早く落としてしまうことが重要。

この妊娠中についた脂肪を落としやすいのが、産後6ヶ月までの間と言われています。

 

そのため、産後ダイエットの勝負時は出産から6ヶ月までの間と考えて、短期集中で妊娠前のスタイルを取り戻しましょう!

出産後のダイエットにおすすめの4つの方法

では、しっかり効果があるのに、育児や授乳にも影響が出ない安心な方法をご紹介。

私も10kg以上体重を落とせたので、効果は保証付ですよ。

骨盤矯正

出産で開いてしまった骨盤は、自然と元に戻ってゆきます。

でも、授乳中にあぐらをかいていたり、脚を組む癖があったりすると骨盤は歪んだまま。

 

そうなると、内臓の位置が下がってお腹がポッコリしてしまい、開いた骨盤とその周りについた脂肪によってお尻が大きくなってしまいます。

それを防ぐためにおすすめなのが、骨盤の戻ろうとする力をサポートする骨盤矯正。

なかでも、骨盤エクササイズは骨盤の調整に役立つだけでなく、骨盤底筋などの筋力もアップにも繋がるので、全ての産後ママに取り組んでもらいたいもの

 

そこで、骨盤エクササイズとしておすすめのものを3つご紹介。

どれもちょっとした隙間時間や何かをやりながらでもできる手軽なもの。特に寝たままでできるエクササイズは、赤ちゃんに添い寝をしながらでもOK。

 

寝ているはずなのに、ママがそばを離れるとそれを察知して泣き出すという高性能センサーを持った赤ちゃんは多いですよね。

我が家のベビーもまさにそう。注意が必要なのが、抱っこから下ろす時の背中スイッチだけではなかったので、なかなかに苦労しました。

 

そんな赤ちゃんのママでも、横になってできるエクササイズなら、やりたいことがあるのにと悶々としながら赤ちゃんの横に張り付いている必要はありません。

せっかく赤ちゃんの横にいられるのだから、添い寝をしながらエクササイズもしてしまえばポジティブに過ごせますよ。

腰回し

  1. 肩幅より広めに足を開く。
  2. 背筋はピンと伸ばし、膝と股関節からは力を抜く。
  3. おヘソを中心に腰を大きく回す。腰につけた大きな浮き袋の内側を骨盤でなぞるようなイメージで。この時、できる限り頭の位置を動かさないように注意。
  4. 前→右→後ろ→左と右回しを30回。
  5. 同様にして左回しも30回。

1日2〜3回程度、気付いたときにやるだけでOK。

骨盤ヒップリフト

通常のヒップリフトの骨盤矯正効果アップバージョン。

お尻の筋肉と骨盤底筋を同時に鍛えることで、キュッとしまったお尻を手に入れられますよ。

  1. あお向けになってヒザを立てる。足は肩幅より1歩大きめに開き、つま先は外に向ける。
  2. そのまま背筋を伸ばしてお尻をキュッと締める。
  3. 息を吐きながらお腹をへこませる。その状態をキープしたままで息を深く吸う。
  4. 息を細く長く吐きながら、お尻を持ち上げる。この時、ヒザは内側に寄せるようにする。
  5. ヒザから肩が一直線になったら、自然な呼吸で3つ数える。
  6. 息を吐きながらお尻を下ろす。

お尻トントンエクササイズ

  1. 両足を腰幅に開いて、うつ伏せになる。両腕でほおづえをつき、顔はまっすぐ前を向ける。足はつま先まで伸ばす。
  2. かかとで交互にお尻をリズミカルにたたく。
  3. 30~100回を目安に行う。

骨盤のゆがみを効果的に矯正する

出産に向けて緩んだ骨盤周りの筋肉やじん帯が柔らかいままなのは産後6ヶ月ごろまで。

そのため、この頃までに骨盤を効果的に矯正できたかどうかが産後ママのダイエットの鍵を握っていると言っても過言ではありません。

 

そもそも、妊娠前から、生活の中の様々な姿勢や癖の影響で骨盤にゆがみが生じてしまっている女性が多いもの。

でも、普段は骨盤周りの筋肉やじん帯は固く締まっているので、ゆがみを直すのは簡単ではありません。

そのため、出産後というのは、普段は直せない骨盤のゆがみを矯正することができる滅多にないチャンスなのです。

 

そこで、先ほどご紹介した骨盤エクササイズの効果をさらにアップさせるために、骨盤ベルトや産後のリフォームインナーの併用がおすすめ

特に骨盤ショーツや骨盤ガードルのような、骨盤ベルトと下着が一体化しているものがストレスなく続けられますよ。

私も産前産後と骨盤ベルトのお世話になりましたが、産後は骨盤ベルトでは不便を感じることが多くなり骨盤ショーツに変更。

 

動きが少なくて家にいることの多い妊娠中なら、骨盤ベルトのずれも気にならず、トイレの後につけ直すときにもお部屋でゆっくりと正しい位置につけることができます。

でも、赤ちゃんのお世話で動くことが多く、外出する機会も多くなる産後は、骨盤ベルトのずれが気になったり、正しい位置につけ直すのが難しかったりと不便を感じることが多くなってしまいました。

そこで骨盤ショーツを試してみたところ、ずれも気にならず、トイレ後の付け直しの不便さもなく快適

 

毎日続けることなのでストレスが無いというのはとても重要

あなたも自分に合ったものを選んで、効果的な骨盤ケアで産後ダイエットを成功させてくださいね。

 

産後に早くきれいに痩せるための必需品!骨盤ショーツについてはこちらを参考にしてくださいね↓
産後太り克服マイナス15kgで分かった、産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

食事の見直し

産後ママは赤ちゃんのお世話で忙しくて、食事時間が不規則で、内容も簡単になりがち。

そして、寝不足や慣れない育児からくるストレスで、ついつい甘いものに手を出してしまうことも。

 

だから、まずは1食からでも、簡単で身体に良いメニューを取り入れてみましょう

例として、簡単だけどちゃんと美味しいメニューを2種類ご紹介。

しらす丼

丼に盛ったご飯にカルシウムたっぷりのしらすを乗せるだけ。

薬味に刻んだ海苔やシソをかけて、食べる前に卵を乗せて醤油(ポン酢もおすすめ)をかければ栄養満点でお腹も満足な一品に。

サイドメニューにインスタントのスープをつければ、食事から水分補給もできて母乳にも優しい献立。

大きめ野菜の豆乳スープ

沸騰したお湯に人参・じゃがいも・玉ねぎなどの好みの野菜とウィンナーを入れて煮る。

固形スープの元を入れて、溶けたら豆乳をお好みの量入れる。
※水と豆乳が1:1くらいが濃厚で美味しいです。

豆乳を入れたらグツグツ沸騰させないように、火を弱めて加熱する。
※グツグツさせてしまうと、豆乳が分離してしまいます。

具材に十分に火が通ったら塩・コショウで味を整えて出来上がり。

買ってきたパンを添えるだけで立派に食事として成り立ちます。

余ったら、翌日ご飯にかけてリゾットにしても美味しいですよ。

 

自分で料理をする気力も時間もない!というママでも大丈夫。

管理栄養士がしっかり栄養を考えて作ったレシピを元に、一流シェフが作っている「NOSH – ナッシュ」を活用すれば、簡単にバランスの取れた食事を取り入れられますよ。

値段は1食500円程度〜で、注文するだけで玄関までお届けの手軽さです。

 

できあいのものに抵抗があるなら、作り方と一緒に食材を届けてくれるサービスもあるので、自分に合ったものを選んでみましょう。

簡単な運動

妊娠中に筋力が低下し、基礎代謝も落ちているので、やはりカロリーを消費できる有酸素運動は是非とも取り入れたいところ。

でも、わざわざ運動をするためにジムにいったりという時間は取れませんよね。

 

産後ママにおすすめの運動は、赤ちゃんとのお散歩

なんだそんなことで?と思うかもしれませんが、ベビーカーを押しながらスタスタと少し早めに歩くだけで立派な有酸素運動。

下腹部に力を入れて、背筋を伸ばすことを意識するだけで、筋力アップ効果も。

 

赤ちゃんと一緒だと、つい家の中にこもりがちですが、運動がてら少しお散歩に出るだけで、ママと赤ちゃんのリフレッシュにもなりますよ

ストレスを溜めない

赤ちゃん中心の生活という大きな環境の変化に、産後ママはストレスが溜まりがち。

そして、そのストレスの手軽な解消法として、お菓子やスナックなどを食べてしまうことを無意識に選択しているママが多いもの。

なぜなら、トレスに対抗するドーパミンを分泌するためには、食欲を満たすのが手っ取り早いから

 

でも、食べることによるストレス解消はほんの一瞬のもの。

産後ダイエット中のママなら、食べてしまったことによって罪悪感を感じてしまい、さらなるストレスに陥ってしまうのです。

そのため、多くのママにとって、「ストレスを溜めないこと」がダイエットへの一番の近道

 

このストレスを溜めやすいママには1つの特徴が。

それは、とても頑張り屋さんということ。

 

ただでさえ大変な毎日なのに、家事を100%やらなければと頑張ってしまったり、育児マニュアルの通りに赤ちゃんをお世話しなければと気負ってしまったり。

一人でこれだけ大変なことを抱え込んでしまったら、ストレスが溜まってしまうのも仕方がありません

 

そこで、そんなママに心がけて欲しいのが、赤ちゃんとの新しい生活にストレスを感じても決して自分を責めたりしないこと。

育児にストレスを感じないママなんていません。

 

今だから言えますが、私自身、数時間おきの授乳での睡眠不足に加え、理由もわからず泣いている赤ちゃんと二人きりという日々に、「今抱き上げているこの手を離してしまったら、どんなに楽になるだろうか」と妄想してしまったことも一度ではありません。

だから、赤ちゃんとの毎日を楽しめないなんて、私はダメなママなのではないかと悲観したりしないでくださいね。

あなたと同じように、雑誌やSNSに出ているようなキラキラとしたママ達も育児ストレスを感じているのです。

 

少しお部屋が散らかっていたり、食事の品数が少なかったりしても別に死ぬことはありません。

そして、本当に辛い時は、泣いている赤ちゃんと少し距離を置いてみてください

赤ちゃんだって、少しくらい泣いたままにしていても別になんという事もありません。

 

それよりも、ママがストレスを感じすぎて赤ちゃんとの日々を楽しめなくなってしまう方が大問題。

育児はこれからずっと続くもの。

終わりがないからこそ、適度に力を抜きながら楽しく取り組んでくださいね

まとめ

タイミングよく始めれば、出産で増えてしまった体重も辛い思いをせずに落とせます。

そして誰にでもできて簡単な、

  • 骨盤矯正
  • 食事の見直し
  • 簡単な運動
  • ストレスを溜めない

この4つを心がけるだけ。

自分に合ったやり方で、無理をせずに楽しくダイエットに取り組んでくださいね

 

産後ダイエットにもう失敗しない!痩せるママだけが知っている成功の秘密はこちら↓
産後太り克服マイナス15kgで分かった、産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

 

今回の記事はあなたのお悩みの参考になりましたか?
この記事が少しでもお役に立てたのでしたら、下記のボタンをクリックしてランキングに協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
   にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ

ABOUT ME
misa
妊娠前は身長160cm、体重52kgのごく普通の体型。 出産後、なかなか減らない体重に苦しみながらも、結果として-15kgのダイエットに成功。 育休明けには、妊娠前よりも3kg減の49kgに。 この経験を生かし、痩せたいけど痩せられないという悩める産後ママのため、実体験を基に「綺麗に痩せられる方法」をお伝えするブログを立ち上げました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です