ダイエットの方法

産後はいつから痩せる?産後痩せないと絶望していたのに、3ヶ月目から痩せた方法とは?

出産後に全然体重が減らなくて、絶望的な気持ちになっているママもいるのではないでしょうか。

本当にいつになったら痩せるのだろうか?そんな気持ちで、ため息をつきながら体重計に乗っているのはあなただけではありません。

 

出産後に痩せ始めるタイミングは、思ったよりも遅いもの

だから今、思うように体重が落ちていなくても、焦る必要はあまりありません。

今回は、出産後にいつから痩せ始めるのか、そして産後3ヶ月目から確実に体重を落とすにはどうすればいいのかをお伝えします。

産後はいつから痩せるの?

出産直後に落ちる体重は、お腹から出てきた赤ちゃんと羊水や胎盤の重さで5kg前後。

そして、赤ちゃんのお世話を積極的にしてゆく病院の場合は、入院中から育児やオムツ替えで睡眠不足の日々が始まります。

そうなると、産後1週間程度でさらに体重が減るママもいます。

 

でも、ここで体重が減らなくても安心してくださいね

自宅に帰り本格的に育児を始めて1ヶ月もすると、24時間体制の赤ちゃんのお世話でヘトヘトになり、自分の食事をとる気力もなくなる一方で、母乳を作るために栄養をたくさん必要とするため、自然と体重が減るものなのです。

 

この産後1ヶ月というのもあくまでも目安。

産後ママの体は人それぞれ。体重が落ち始める時期がもう少し後になるママも多いのです

産後に痩せないのはなぜ?

出産後に思ったより痩せない原因はなぜでしょうか。

産後ママの体重がなかなか落ちない原因には、産後の冷え性が深く関わっています。

 

出産後の冷え性によって基礎代謝が低下してしまい、痩せにくい身体になってしまうママが多いのです

この産後の冷え性にはいくつかの原因があります。

ホルモンバランスの変化

妊娠から出産にかけて、体内でホルモンバランスの大きな変化があります。その影響により自律神経が乱れてしまうママが多いもの。

自律神経によって体温が調整されていますので、このホルモンバランスの乱れによって冷え性になってしまうことも。

母乳育児による栄養不足

母乳はママの血液から作られているため、母乳育児をしている間は栄養不足になりやすいもの。

特に鉄分が不足することによる貧血や、栄養が全身に行き渡らないことが原因で冷え性になります。

運動不足による筋肉量の低下

妊娠中の運動不足によって、産後ママの筋肉量は低下しがち。

そして、出産後は赤ちゃんのお世話でてんてこ舞いの状態なので、なかなか自分のために運動をする時間をとることができません。

結果として筋肉量の低下により皮下脂肪がつきやすくなり、冷えやすい身体となってしまいます。

骨盤のゆがみ

妊娠中に緩んだ骨盤は、出産で大きく開きます。

そして、数ヶ月かけて自然と元に戻るものですが、妊娠前から骨盤にゆがみがあったり、産後に姿勢の悪い状態を続けていたりすると、正しい位置に戻らずにゆがんでしまうことが多くなります。

この骨盤のゆがみはホルモンバランスの乱れに繋がるだけでなく、血流も悪くなってしまうため、冷えに繋がってしまいます。

水分不足

水分不足で冷え性というと少し意外かもしれませんが、体内の水分が少なくなると血液がドロドロとしてしまい血流が悪くなり冷えやすい身体に。

母乳育児をしているママは、水分不足になりがちなので、それが冷えの原因ということもあるのです。

産後3ヶ月から痩せた方法

今まで痩せられなかったというママも、ポイントを押さえて取り組めば産後3ヶ月からでも十分に痩せられます。

産後6ヶ月までが特に痩せやすいタイミングなので、それまでに痩せられるように目標を立ててみてくださいね。

具体的な目標を立てることで、毎日の生活を改善しやすくなりますよ。

 

でも注意が必要なのは、人は簡単に目標を忘れてしまうということ

スマホの待ち受けを妊娠前の理想的な体重の時の画像にするなど、毎日目標を確認できる環境をづくりが重要です。

骨盤ケア

産後ママにまず取り組んでもらいたいのが骨盤ケア。

先ほども言ったように、出産で開いた骨盤は自然に元に戻るもの。

 

でも、色々な条件により、正しい位置に戻らずゆがんでしまうことがほとんどです。

その結果、代謝の低下や冷えの原因になるだけでなく、支えきれなくなった内臓が下がってくることによるお腹ぽっこりや下半身太りの原因となってしまいます。

 

そこで、骨盤の戻ろうとする力をサポートする骨盤矯正が必要

そう言われても、産後ママは育児に家事にと毎日忙しく、なかなかエクササイズの時間を作ることができないもの。

 

そのようなママの強い味方になってくれるのが、骨盤ベルトや産後のリフォームインナーです

着用するだけで骨盤をケアしてくれるので、あとは普段通りの生活をするだけ。

体重を戻して、スタイルを整えるためにもぜひ生活に取り入れてみてくださいね。

温活

冷えが原因で痩せられないママは、まず身体を内外から温めて脂肪を燃やしやすい身体づくりを心がけましょう。

それには、生姜の活用が手軽でおすすめ

 

この生姜で間違えがちなのが、生の生姜を使用してしまうこと。

生の生姜は発汗を促し、身体を冷やす原因に。身体を温めるなら、加熱してショウガオールという成分が多くなった生姜を使用してくださいね

この乾燥生姜は自宅で簡単に作れますよ。

生姜湯におすすめ乾燥しょうがの作り方

  1. 生の生姜を用意してよく洗い、皮の汚れた部分だけを削ぎ落とす。
  2. スライサーなどを利用して薄くスライスする。
  3. 鍋に水を沸騰させ、その中に生姜を加える。そのまま1時間ほど茹でる。
  4. 生姜の水気をとり、オーブンで加熱して乾燥させる。120℃に熱したオーブンで1時間半ほどが目安。
  5. 完全に乾燥したら冷まし、フードミルなどで細かくする。

出来あがったものは、乾燥剤と一緒に密閉容器に入れて保管してくださいね。

乾燥生姜が用意できたら、あとは味噌汁やおかずにふりかけたり、蜂蜜とお湯で生姜湯にしたりと生活にどんどん取り入れましょう。

自分で作るのは大変というママは、市販の乾燥生姜を活用してもOK。

まとめ

産後の体重の減り方は人それぞれ。すぐに痩せないからといって焦る必要は全くありません。

産後ママが痩せやすい身体を作るために心がけて欲しいのが、骨盤ケアと冷え性の改善

 

どちらも簡単な方法をご紹介しましたので、無理なくできるものから取り組んでみてくださいね。

産後ママが悩まされがちな冷え性を克服して、笑顔いっぱいの素敵なママを目指してくださいね。

 

今回の記事はあなたのお悩みの参考になりましたか?
この記事が少しでもお役に立てたのでしたら、下記のボタンをクリックしてランキングに協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
   にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ

 

ABOUT ME
misa
妊娠前は身長160cm、体重52kgのごく普通の体型。 出産後、なかなか減らない体重に苦しみながらも、結果として-15kgのダイエットに成功。 育休明けには、妊娠前よりも3kg減の49kgに。 この経験を生かし、痩せたいけど痩せられないという悩める産後ママのため、実体験を基に「綺麗に痩せられる方法」をお伝えするブログを立ち上げました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です