ダイエットの方法

産後の体重の減り方|2人目の産後は痩せにくい?それでも産後ダイエットに成功する方法

2人目の場合は産後の体重が減りにくいと聞いて、心配になってしまうママは多いもの。

そして赤ちゃんが小さいうちは記念写真を撮る機会が多いので、産後太りの姿のままでと考えると少し憂鬱になってしまいますよね。

そこで、可愛い赤ちゃんと一緒に素敵な写真を残したいと思っているママのために、2人目の産後が痩せにくい理由とそれでも産後ダイエットを成功させる方法をお伝えします

2人目出産後の体重の減り方は?

まずは気になる産後の体重の減り方から。

実は、1人目でも2人目でも、基本となる体重の減り方に違いはありません

 

その為、1人目のときの復習になりますが、参考としてチェックしてみてくださいね。

でもママの身体はそれぞれ違うので、他のママと同じように体重が減らなくても心配する必要は全くありませんよ。

出産後すぐの体重の減り方

一番最初に気になってしまうのが、産後すぐにどの程度体重が減るのか。

赤ちゃんを出産直後に減るのは、だいたいマイナス4~5kg程度。これは赤ちゃんと羊水や胎盤の重さを合わせたもの。

そして、妊娠中に身体に蓄えられた水分が徐々に排出されることで、退院時には出産時より5~6kgほど体重が減っているママが多くなります

退院後の体重の減り方

では退院後の体重はどのように減ってゆくのでしょうか。

産後1ヶ月

退院時点で、妊娠中に増えた体重の約半分が減ったママも多いはず。

そのため、このまま順調に体重が減ってくれるのかなと甘い夢を見てしまいますが、現実はそれほど甘くありません。

 

産褥期ということで、1ヶ月検診までの間はほとんど外に出ないで、身体の回復を第一に生活していたママが多いはず。

当然、消費カロリーが少なくなり簡単には体重が減りません

 

でもまだまだ焦らなくてOK。

ここで無理をしてしまうとママの身体の回復にも影響してしまうので、割り切ってしっかりと休養を取るのがオススメです

産後2〜3ヶ月

この頃が産後ダイエットの分かれ道。

ダイエットを意識して生活すれば、グンと体重が落ちやすいタイミングです。

母乳育児中のママなら、赤ちゃんの哺乳量が増えて、消費カロリーもどんどん多くなっている時期。

 

ミルク育児のママも育児に家事にとてんてこ舞い。

2人目のママなら、さらに上の子のお世話もと目が回るような忙しさに。

 

そのため、特にダイエットと意識しなくても、さらに2〜3kgほどは自然と体重が減るママが多くなります

でも、中にはなかなか減らない体重に苦しめられるママも。

そろそろ産後ダイエットを意識し始めたい時期です。

産後4〜5ヶ月頃

ようやく妊娠前の体重に戻り始めるママが出てくる頃。

産後半年までが産後ダイエットにはベストのタイミング

そのため、ここで体重が戻りきらなかったママは、産後ダイエットと少し長いお付き合いになってしまうかもしれません。

 

痩せるママだけが知っていた、産後ダイエット成功の秘密はこちら↓
なかなか痩せない理由は骨盤!産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

2人目の産後はなぜ痩せにくいの?

1人目と2人目で体重の減り方は、基本的には同じということは説明しました。

でも、2人目の方が痩せにくかったと思っているママが多いのはなぜなのでしょうか。

その原因として考えられるものを見てみましょう。

妊娠中の大幅な体重増加

1人目で増えた体重を落としきれなかったり、ゆがんでしまった骨盤が元に戻る前に2人目を妊娠してしまったことが一つ目の原因

1人目の時よりも妊娠前の体重が多ければ、その後の体重が1人目の時よりも多くなってしまうのは当然のこと。

そして、ゆがんだままの骨盤によって、代謝が低下したり、むくみやすくなってしまったりすることも体重増加の原因に。

1人目よりも体重が増えているので、1人目と同じだけ減っていても減っている気がしなくなってしまうのです。

ママの年齢

これもまた当然のことですが、1人目出産のときよりも、ママの年齢が上がっています。

年齢が上がることで基礎代謝が低下してしまうので、1人目のときと同じことをしていても、脂肪が燃えにくく太りやすくなってしまいます

気の緩み

1人目のときに簡単に体重が落ちたママは要注意。

2人目だって簡単に落ちるはずという気のゆるみから、妊娠中含めて体重管理が甘くなってしまい、なかなか痩せられないというママが多いのです。

 

さらに育児への慣れから精神的なストレスも軽くなり、色々な面で省力化。

これは自体は良いことですが、体重は減りにくくなってしまいます。

2人目でも産後ダイエットに成功する方法

2人目のママが気にしたいのは、体重よりも体型の崩れ。

そこで、何を置いても取り組みたいのが骨盤ケア

 

でも、1人目育児でもなかなか自分の時間を作るのが難しかったのに、さらに2人目となるとなおのこと時間が作りにくくなります。

そこで、そんなママにおすすめの短時間で、どこででもできる骨盤ケアの方法をご紹介。

腰回しダイエット

  • 骨盤のゆがみを正して、ぽっこりお腹を解消。
  • 代謝がアップ&痩せやすい身体に。
  • 下半身のむくみを解消。
  • 便秘の改善。

簡単なのに、産後ママに嬉しい効果がたくさんある腰回し。

やり方もとても簡単。赤ちゃんのお昼寝のときなど、空いた時間にパッと取り組んでみてくださいね。

腰回しのやり方

  1. 息を吸いながら腰を少し落としてから、息を吐きながら腰を上げてお腹とお尻に軽く力を入れていきます。お尻の穴をキュッと引き締めるように意識するのがポイント。
  2. 腰を前後に30秒間ほど揺らす。この時、腰を前に出しながら息を吐いて、お尻を引き締めることに意識を集中させること。
  3. 腰を左右に30秒間ほど揺らす。
  4. 腰を時計回り、反時計回りにそれぞれ30秒間ほどグルグルと動かす。この時、腰の周りにある大きな浮き輪の内側を骨盤でなぞるようなイメージで大きく回す。

1日できれば2、3回程度行うのがおすすめ。

腰回しダイエットの4つのポイント

  • 腰を回す時には、上半身は固定してできるだけ動かさない。
  • 息を止めずにリラックス。ゆったりとした腹式呼吸で。
  • 一つ一つ動作を意識しながらゆっくりと腰を回す。
  • 下腹部に意識を集中させる。

骨盤ショーツ・骨盤ガードル

腰回しの時間さえ取れない!

そんなママには、履くだけで骨盤ケアができる骨盤ショーツや骨盤ガードルがオススメ

腰回しでゆがみを直して、骨盤ショーツやガードルで正しい位置にしっかり締めるという使い方なら相乗効果が期待できますよ。

 

痩せるママだけが知っていた、産後ダイエット成功の秘密はこちら↓
なかなか痩せない理由は骨盤!産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

まとめ

2人目の産後ママに気にしてもらいたいのが、体重よりも体型の崩れ。

しっかり骨盤を矯正して、妊娠前のスタイルを取り戻しましょう。

 

それには、短時間で効果抜群の腰回しがおすすめ。

骨盤を整えられるチャンスを生かして、2人目の産後とは思えないようなボディラインを目指してしまいましょう

 

こちらの記事もおすすめ:産後に体型が戻らない!産後ダイエットのおすすめは?いつ体型は戻るの?

 

今回の記事はあなたのお悩みの参考になりましたか?
この記事が少しでもお役に立てたのでしたら、下記のボタンをクリックしてランキングに協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
   にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ

ABOUT ME
misa
妊娠前は身長160cm、体重52kgのごく普通の体型。 出産後、なかなか減らない体重に苦しみながらも、結果として-15kgのダイエットに成功。 育休明けには、妊娠前よりも3kg減の49kgに。 この経験を生かし、痩せたいけど痩せられないという悩める産後ママのため、実体験を基に「綺麗に痩せられる方法」をお伝えするブログを立ち上げました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です