ダイエットの方法

産後のお腹ぽっこりはいつまで?お腹の脂肪を引き締める効果的なエクササイズとは?

出産後のお腹がぽっこり。目の前に可愛い赤ちゃんがいるにも関わらず、いつまでお腹が元に戻らないのかしら?

ついため息をついてしまいたくなりますよね。

そして、お風呂に入るたびに、くびれのなくなってしまったウエストを見ると泣きたい気持ちに。

 

でも簡単な引き締めエクササイズをするだけで、産後ママだって元どおりウエストにくびれを取り戻すことができるのです

この記事では、お腹ぽっこりでお悩みのママのために、お腹の脂肪に効く引き締めエクササイズをご紹介します。

出産後のお腹はいつまでぽっこりしているの?

他のママは出産後いつまでお腹がぽっこりしているのか、とても気になりますよね。

でもなかなか直接聞くこともできないので、ついネットで調べてみた経験、私にもあります。

 

産後ママのお腹ぽっこりの原因の1つである妊娠中に大きくなった子宮の収縮には、だいたい1ヶ月ほど時間がかかってしまいます。

そのため、産後すぐにお腹が平らになるというママはほとんどいません

 

産後3ヶ月くらいになると、お腹がへこんだというママもちらほら出てきます。

でも、産後ママの半数以上は、出産後のお腹が引き締まるのに1年以上かかっているのです

 

思ったより時間がかかっているママが多いですよね。

他のママも、あなたと同様になかなかへこまないお腹には苦しめられているのです。

 

では、少しでも早くお腹を元に戻すにはどうすれば良いのでしょうか。

その答えは、出産で大きく開きゆがんでしまった骨盤を正しい位置に戻しつつ、お腹周りの筋肉を鍛えることです

 

骨盤ケアに最適なのは、産後6ヶ月までの間

この時期、普段は固く締まっている骨盤が出産の影響で緩んだ状態になっているので、骨盤矯正には最適なのです。

 

まだ産後半年以内のママは、効果的な骨盤矯正のためにさっそくエクササイズを始めましょう。

そして、半年以上経ってしまったというママでも大丈夫。

少し時間はかかってしまいますが、骨盤ケアはコツコツと続ければ必ず効果が出てきますよ

 

お腹がへこむママだけが知っていた、産後ダイエット成功の秘密はこちら↓
なかなか痩せない理由は骨盤!産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

産後のお腹の脂肪を効果的に引き締めるエクササイズとは?

出産後のお腹を少しでも早く引き締めたいと言っても、産後すぐに腹筋運動を始めるのはおすすめできません。

なぜなら、腹筋運動によって産後の緩んだ骨盤周りの筋肉に一気に負荷をかけることになり、痛めてしまう可能性が高いから。

 

そこで腹筋運動の代わりに産後ママにおすすめしたいエクササイズが、簡単なヨガのポーズと呼吸エクササイズのドローイン

さっそくやり方をご紹介しましょう。

簡単なのに産後のお腹の筋肉と骨盤に効く「杖のポーズ」

一見すると、ただ床に座っているだけのように見えるポーズです。

それなのに体幹を鍛え骨盤を矯正してくれるだけでなく、気持ちを安定させてストレスから解放までしてくれるという優れもの

杖のポーズのやり方

背筋を伸ばして行うポーズ。

背中が丸まってしまう場合には膝を少し曲げ、必ず背筋を伸ばして行うこと。

会陰部(自転車でサドルの当たる部分)を引き上げて、お腹もしっかり引き締めて、上に持ち上げるようなイメージでやるのがポイントです。

 

  1. 両脚を伸ばして座る。
  2. 上体を立てて、身体をL字にする。この時、骨盤を立てて座ることを意識する。
  3. 手はお尻のやや後ろに、指先を前に向けて置き上体のバランスをとる。
  4. 左右の座骨に体重を均等にかけて、太ももを内側に巻き込むよう意識する。
  5. この状態のまま、自然な呼吸を繰り返す。

<杖のポーズのポイント>

  • 脚を伸ばすと骨盤がななめになってしまう場合はひざを曲げてもOK。
  • 座った時に床に当たる座骨(お尻の下にある出っ張った2つの骨)にしっかりと体重を乗せること。

あお向けで呼吸をするだけで腹筋と骨盤に効く「ドローイン」

赤ちゃんのお昼寝の時に一緒に横になったままでもできるエクササイズ。

それなのに、ぽっこりお腹が解消されて骨盤も矯正できるだけでなく、腰痛や肩こりも改善されるので産後ママにはぴったり

ドローインのやり方

  1. あお向けに寝てヒザを立てる。
  2. 鼻から息を吸いながらお腹をふくらませ、口から息を吐き出しながらお腹をへこませる腹式呼吸を、ゆっくりと何度か繰り返す。
  3. 細く長く息を吐きながらお腹をへこませる。
  4. お腹の空気を出し切って、これ以上お腹がへこまないというところまでへこませる。
  5. お腹をキープしたまま、ゆっくりと自然な呼吸を行う。

最初は10秒から。慣れてきたら30秒を1セットにして1日数回が目標です。

 

<ドローインのポイント>

  • お腹はおへその部分だけをへこませるのではなく、お腹の前側全体を均等にへこませてゆくこと。
  • 肩や首などの余計な部分に力を入れないよう注意。
  • 腰が床から離れないように気をつけること。

まとめ

産後のお腹ぽっこりは、産後3ヶ月くらいから解消されるママがいる一方で、へこむまで1年以上かかってしまうママもいます。

早くお腹をすっきりさせたいなら、簡単なエクササイズを生活に取り入れるのがオススメ

ぽっこりお腹を解消して、妊娠前のスタイルを取り戻しておしゃれを楽しんでくださいね。

 

痩せるママだけが知っていた、産後ダイエット成功の秘密はこちら↓
なかなか痩せない理由は骨盤!産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

 

今回の記事はあなたのお悩みの参考になりましたか?
この記事が少しでもお役に立てたのでしたら、下記のボタンをクリックしてランキングに協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
   にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です