産後ダイエット

産後に痩せ始める時期は?産後 2 ヶ月で母乳なのに痩せないのはなぜ?

産後、想像以上に太ってしまって、いつから痩せ始めるのだろうと心配しているママは多いもの。

産後ダイエットには痩せやすい時期があるので、タイミングさえ押さえればスルスルと体重が落ちて行きますよ

この記事では、産後に痩せ始める時期と母乳育児ダイエットを成功させるポイントをお伝えします。

綺麗に痩せたいなら産後半年までがチャンス

産後ダイエットを成功させやすい時期は出産から6ヶ月の間まで。

なぜなら、この時期、妊娠中についてしまった脂肪はまだ水分を多く含み柔らかいまま。そのため通常よりも簡単に脂肪を落とすことができます。

 

さらに、出産で大きく開き歪んでしまった骨盤周りの筋肉やじん帯も、産後半年までの間ならまだ柔らかいまま。

そのため、歪んでしまった骨盤をリフォームして、妊娠前よりも良いスタイルになる絶好のチャンスなのです。

 

でも、ただ食事や運動に取り組むだけでは、骨盤を正しい姿に整えることができず、みすみすこの機会を逃すことに。

あなたと同じように産後太りに悩まされた私が確信しているのは、骨盤ケアにはとにかく継続が重要ということ。

 

この継続的な骨盤ケアを無理なく行えるのが骨盤ショーツです。

産後2ヶ月からの産後ダイエットを成功させたいなら、ぜひクリックして確認してみてくださいね。
→_産後太り克服マイナス15kgで分かった、産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

産後いつから痩せ始めるのか

出産という大仕事を終えたママが一息ついた時、ふと気になってしまうのが自分自身の体型。

もう赤ちゃんはお腹にいないのになかなか痩せない。一体いつになったら痩せられるのだろう?

そんな疑問を持つママが多くいます。

そのため、産後ママの身体がいつ頃どのようになっているのかをまとめたので、参考にしてみてくださいね

 

産後1・2ヶ月

出産による体重の減少はありますが、スタイルはまだ戻りません。

この時期やせにくい理由は、出産後の疲れや睡眠不足でママ自身に体型を元に戻す気力が起きないこと

その他、

  • 出産により骨盤が大きく開いていること。
  • 妊娠中のお腹の圧迫が無くなったことで食欲が増すこと。
  • 赤ちゃんの哺乳量がまだ少ないので、ママの消費カロリーも少ない。
  • 赤ちゃんがまだ小さくて軽いので抱っこしてもそれほど負担にならない。

これらのような原因があります。

 

さらにママの実家に里帰りをしていると、家事をしなくても良いうえに、慣れ親しんだ実家の味が美味しくて食が進んでしまったり、お世話も手伝ってもらえたりと育児と家事の負荷軽減により痩せにくくなります。

産後3〜5ヶ月

出産直後より、かなり痩せやすくなる時期

それは、授乳量が増えて、赤ちゃんもずっしりと重くなり、そんな重たい赤ちゃんが抱っこをしきりにせがむようになることが理由です。

そろそろ赤ちゃんの生活のリズムも整ってきて、出産直後のような夜も昼もないような生活からは解放されます。

そして、赤ちゃんはおっぱいを吸うのが上手になり、哺乳量がどんどん増えて、ママの消費カロリーも大きくなって行きます。

産後6〜8ヶ月

産後で一番痩せやすい時期。

できればこの頃までに体重を元に戻せると、わざわざ産後ダイエットをしているという苦労を感じずに簡単に元の体重に戻すことができますよ。

この時期痩せやすい理由は、

  • 赤ちゃんの授乳量が一番増える時期であること
  • 成長によって、赤ちゃんがずっしりと重くなっていること
  • 今までネンネしていた赤ちゃんの動きが活発になり、ママの運動量も増えてくること

特に運動などしなくても痩せやすいのがこの時期の特徴です

産後9〜11カ月

赤ちゃんの離乳食が始まり、授乳量が減ってくることで痩せにくくなる時期。

そろそろ赤ちゃんが一人遊びができるようになったり、夜もしっかりと寝てくれるようになってくるので、常に赤ちゃんの相手をしなければならない状態から解放されます。

授乳中にたくさん食べる習慣があったママは、離乳食が進むのに合わせて、食事の量に気をつけなくてはなりません。

母乳育児ダイエットを成功させる

妊娠・出産という大イベントがあったとしても、ママも一人の女性であることには変わりありません。

そのため、できる限り妊娠前のスタイルに戻りたいと思っていますよね。私も一人のママとして同じように感じていました。

 

出産前は、赤ちゃんを母乳で育てていれば自然と体重が減って行くと思っているママも多いはず。

でも、中には自然に元のスタイルを手に入れることが難しいママもいます。

 

それは、授乳中はお腹が減るからといって、知らず知らずに食べ過ぎていることが多いため

母乳育児中はおっぱいを出すために栄養をしっかり取らなければと思うママが多いようですが、痩せられないママは大抵栄養を取り過ぎているのです。

 

実際のところ、授乳中に通常より多く必要なるエネルギーはたったの350kcal程度

気軽に手を出してしまいがちなコンビニの菓子パンで言えば、1個食べられるかどうかという程度のカロリー量なのです。

 

母乳育児中のママがダイエットを成功させる秘訣は、授乳中を理由に食べ過ぎないこと。そして、離乳食が始まるタイミングでのカロリーオーバーに気をつけることです。

 

参考:授乳中は太りやすい?産後の母乳育児で太る原因4つとその解決方法

母乳育児ダイエットを確実に成功させる方法

母乳育児中なのになかなか痩せないママの産後ダイエットを、成功させるには、骨盤ショーツでの骨盤ケアも同時に進めるのが確実。

もちろん、骨盤ショーツがなくても産後ダイエットに成功することは可能です。

 

でも、産後ダイエットに限らず、ダイエットに失敗する原因は努力の結果がなかなか目に見えないから

その為、早く目に見える効果を得ることで産後ダイエットを継続させ、妊娠前のスタイルや体重を早く取り戻したいなら、ただ着用するだけで骨盤矯正効果をアップさせられる骨盤ショーツの活用がオススメ。

 

特にウエスト部分から太ももをカバーしてくれるガードルタイプなら、産後に気になる部分をくまなくケア。

それだけではなく、履いた瞬間からペタンコお腹にキュッと上がったヒップを手に入れられるので、気分も上がり、産後ダイエットにますます前向きな気持ちになれますよ。

 

骨盤ショーツは調べてみると色々とありますが、これは一番おすすめというのが骨盤矯正のプロが作ったマジカルシェリー

他の骨盤ショーツには無い段階調節機能ベルトによって、あなたのその時の体調に合わせてお腹周りの締め具合を調整可能。

苦しすぎないから、授乳中でも無理なく骨盤ケアを続けられますよ。

 

産後太りに苦しんだ私の産後ダイエット成功の鍵は、骨盤ショーツといっても過言ではないほど。

そのため、本気で産後ダイエットを成功させたいのなら試してみない手はありませんよ。

 

履くだけ骨盤ケア 骨盤ショーツ『マジカルシェリー』 公式ページはこちらから
※クリックしてページが表示されなければ売り切れです。私が試した頃は簡単に買えましたが、今はTVなどでも取り上げられて大人気の様子。期待させておいて、売り切れていたら本当にごめんなさい。

まとめ

産後半年までの間が、産後ダイエットの黄金期。だからこの期間にできる限り妊娠前の体型に近づけるようにしましょう。

しっかりと体重を落とすポイントは、授乳を理由に食べ過ぎないこと

可愛い赤ちゃんとの生活を楽しみながら、産後ダイエットを成功させましょう!

 

産後ダイエットにもう失敗しない!痩せるママだけが知っている成功の秘密はこちら↓
産後太り克服マイナス15kgで分かった、産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

 

今回の記事はあなたのお悩みの参考になりましたか?
この記事が少しでもお役に立てたのでしたら、下記のボタンをクリックしてランキングに協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
   にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です