産後

産後のお腹はいつ戻る?出産後のお腹がへこまない・戻らないの解決方法

出産後のお腹が思ったよりもへこまなくて、いったいいつ戻るのだろうと疑問に思っていませんか?

あなただけでなく、多くのママが、赤ちゃんがいないはずなのにぽっこりとしたままのお腹を不思議に感じています。

私もまさにそうでした。

 

だから、出産後なかなかお腹がへこまなかったとしても自然なことなので心配しないでくださいね

心配がなくなったら、次は少しでも早くスリムなウエストを取り戻す方法を知りたくなりますよね。

そのため、この記事では、なかなかお腹がへこまない原因とその対策について確認してみましょう

>>お腹のたるみが戻らず、一生産後太りのままになってしまったらどうしますか?
調査によると、出産後80.1%のママが妊娠前の体型に戻りたいと思っているにも関わらず、60.9%のママのお腹のたるみが戻らず、さらに41.7%のママは産後太りのまま体型が戻っていないという結果に。
あなたは大丈夫ですか?

 

産後のお腹はいつ戻るの?なかなかへこまない原因は?

妊娠中にママの体重は、だいたい7−12kg増えます。

赤ちゃんが生まれてくるときの体重はだいたい3kg前後で、出産と同時に排出される胎盤や羊水などの重さが約2kg。

出産を終えても、5kg前後しか減らない体重。

 

つまり、出産したからといって、ママの身体はすぐには妊娠前の状態には戻らないのです

そして、意外かもしれませんが、出産後でもお腹は妊娠5・6ヶ月程度のふくらみまでしか小さくならないのが一般的。

 

その理由には次のものがあります。

  • 子宮の収縮に時間がかかること
  • 妊娠中に緩んだ骨盤の影響による体型のゆがみ
  • 妊娠中から産後の運動不足と筋肉量の低下
  • 育児中の姿勢のクセ
  • 食べ過ぎ

ではそれぞれの理由を詳しく確認してみましょう。

子宮の収縮に時間がかかること

出産したからといって、妊娠中に赤ちゃんを育むために大きくなった子宮は急には小さくなりません。

出産後に分泌されるオキシトシンというホルモンの働きによって、子宮は大きくなった時と同じようにゆっくりと時間をかけて収縮してゆきます。

この子宮の収縮には1ヶ月ほどの時間が必要となるため、産後ママのぽっこりとしたお腹がなかなか解消されにくいのです

妊妊娠中に緩んだ骨盤の影響による体型のゆがみ

普通分娩だったか帝王切開だったかに関わらず、妊娠中にママの身体から分泌され続けるリラキシンや女性ホルモンの影響によって、骨盤やその周りの筋肉などが緩みます。

そしてこの緩んだ骨盤は出産後に少しずつ自然に元に戻ってゆきますが、普段の生活のクセや姿勢などの影響を受け、正しい位置に戻らずにゆがみが残ってしまう場合がほとんどです。

 

そうなると、腸が圧迫されて便秘がちになってしまったり、血液や体液の循環が悪くなることによって冷えやむくみが引き起こされて脂肪がつきやすくなってしまったりしてしまい、下腹部がぽっこりとしてしまいます。

またゆがんだ骨盤によって支えきれなくなってしまった内臓が下がってくることで、ぽっこりとしたシルエットの原因となってしまいます。

妊娠中から産後の運動不足と筋肉量の低下

妊娠中は、身体が重くておっくうになってしまうというだけでなく、周りからも安静にするように言われるため運動不足になりがち。

そして、産後は産後で、1ヶ月ほどの産褥期の間はあまり無理に動かないように言われることで筋力もどんどん落ちてしまいます。

そして、この筋力の低下によって消費エネルギーが減少することも、お腹周りに脂肪がたまりやすくなる原因となります。

育児中の姿勢のクセ

出産後は、赤ちゃんのオムツ替えで中腰のまま前かがみになったり、授乳のために猫背になったりと姿勢が悪くなりがち。

この猫背の姿勢は、骨盤と肋骨の距離を縮めてしまうので、間にあるお腹がたるんでぽっこりと見えるようになってしまいます

ぽっこりお腹の原因として、意外と多いのがこれです。

食べすぎ

母乳育児を始めると、とにかくお腹が減ります。そのため、つい食べ過ぎてしまいます。

また慣れない育児や自由にならない生活からのストレスを食べることで解消してしまうママも。

 

そうなると、妊娠中、母乳の材料として身体溜め込まれていた脂肪を十分に使うことができず、皮下脂肪として定着してしまいます

これもお腹がなかなかへこまない原因の1つです。

 

産後にお腹がへこむママだけが知っていた、産後ダイエット成功の秘密はこちら↓
なかなか痩せない理由は骨盤!産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

出産後のへこまないお腹に効果抜群!3つの簡単な解決方法

なかなか戻らないお腹に効果を発揮する解決策は3つ。

骨盤ベルトをつける

産後ママの体型の鍵を握る骨盤をしっかりと整えましょう

それには骨盤ベルトが確実です。

太ももの付け根にあるグリグリとした2つの出っ張り(大転子)をしっかりと押さえて、骨盤自体の回復をサポートしてあげてくださいね。

筋トレ・エクササイズをする

筋トレといっても、難しいことをやる必要はありません。

赤ちゃんのお昼寝の時に一緒に横になってできるドローインや、家事の合間にできる腰回しのような簡単なものでOK。

 

ドローインも腰回しも、骨盤矯正の効果があるので産後ママにおすすめのエクササイズ

どちらも育児中に悪くなりがちな姿勢を正してくれる効果もあるので、猫背が癖になりがちなママには特に効果抜群ですよ。

骨盤ショーツを使用する

普通の骨盤ショーツではなく、お腹をしっかりサポートしてくれるウエスト部分が高くなっているものがおすすめ。

骨盤ベルト同様に骨盤ケアの効果が得られたり、お腹のぽっこりを整える効果があるだけでなく、着用した瞬間からスリムなウエストを実現できるのが最大の利点

スリムなジーンズやウエストがぴったりと締まったスカートなど、すぐにおしゃれを楽しめルようになりますよ。

 

産後にお腹がへこむママだけが知っていた、産後ダイエット成功の秘密はこちら↓
なかなか痩せない理由は骨盤!産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

まとめ

出産してもすぐにお腹がへこまないのは普通のこと。心配する必要は全くありませんよ。

子宮の収縮に時間がかかってしまうのは自然に任せるしかありませんが、それ以外のぽっこりの理由はそれぞれ対処可能なもの。

 

どの理由が一番影響しているかは人それぞれ。

普段の生活を思い返して、効果がありそうなものから改善してみてくださいね

 

今回の記事はあなたのお悩みの参考になりましたか?
この記事が少しでもお役に立てたのでしたら、下記のボタンをクリックしてランキングに協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
   にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ

 

 

ABOUT ME
misa
妊娠前は身長160cm、体重52kgのごく普通の体型。 出産後、なかなか減らない体重に苦しみながらも、結果として-15kgのダイエットに成功。 育休明けには、妊娠前よりも3kg減の49kgに。 この経験を生かし、痩せたいけど痩せられないという悩める産後ママのため、実体験を基に「綺麗に痩せられる方法」をお伝えするブログを立ち上げました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です