ダイエットの方法

出産後のお腹引き締め|エクササイズ・ストレッチ・マッサージはいつからできる?

出産後のお腹の引き締めに興味がないママなんていませんよね。

出産したのに思ったよりもへこまないお腹。へこまないどころか、妊娠5・6ヶ月頃を思わせるようなぽっこり具合。

このままじゃ格好悪いから、少しでも早く引き締めたい!そんな心の叫びが聞こえてくるようです。

 

でも、出産直後はできる限り身体の回復を優先させるようにと言われているはず。

そこで、産後のお腹の引き締めをいつから始められるのか、そしてエクササイズやストレッチと色々ある中でお腹を引き締めるのに効果的なものは何なのかをお伝えします

産後のお腹引き締めはいつから?

筋トレなどで本格的にお腹の引き締めを行うなら、産後1ヶ月のママの検診を待って、医師に問題がないというお墨付きをいただいてから。

でも、呼吸法や骨盤ベルトのような産後ケアなら、体調さえ問題なければ出産後すぐに行ってしまってもOK

骨盤ガードルのようなインナータイプのものは、少なくともママの1ヶ月検診が終わってから着用し始めるのが目安です。

 

産後にお腹がへこむママだけが知っていた、産後ダイエット成功の秘密はこちら↓
なかなか痩せない理由は骨盤!産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

エクササイズ・ストレッチ・マッサージ色々あるけど何が効果的?

産後ママの気になるお腹の状態は、実は2パターンあります

それは、ぽっこりとしているお腹が気になる場合と、だらしなく垂れ下がった皮膚のたるみが気になる場合。

それぞれ原因を確認しましょう。

お腹ぽっこりが気になる原因

産後すぐのママのお腹ぽっこりが気になってしまう原因は、妊娠中に大きくなった子宮が簡単には小さくならないこと

これは、時間が解決してくれるのを待つしかありません。

だいたい産後1ヶ月ほどで子宮が収縮し、ぽっこりが気にならなくなってきます。

 

産後数ヶ月経っているのにお腹ぽっこりが気になる場合は、骨盤のゆがみと筋力低下が主な原因になります

お腹の皮膚のたるみが気になる原因

妊娠中に伸びきってしまったお腹の皮膚や筋肉は、出産したからといって簡単には縮みません

産後ママのお腹は、言ってみれば最大限にふくらませた後のゴム風船のようなもの。こう言うとイメージがわきやすいのではないでしょうか。

この皮膚を引き締めるには、伸びきってしまった筋肉を鍛えて、新陳代謝によってお腹周りにぴったりとした新しい皮膚に生まれ変わらせなくてはなりません。

このように、どちらのタイプのお腹かによって何をすべきかが決まります。

 

簡単に言ってしまうと、

 お腹ぽっこりタイプのママ = エクササイズ+ストレッチ
 皮膚のたるみタイプのママ = エクササイズ+マッサージ

が効果的ということです。

ではエクササイズ・ストレッチ・マッサージのそれぞれに、どのような効果があるのかを見てみましょう。

エクササイズ・筋トレ

エクササイズや筋トレをした時の効果は次のようなもの。

  • 基礎代謝アップ
  • 冷え性やコリの改善
  • 美しいボディラインを作る

 

筋トレをした際の効果として真っ先に思いつくのが筋肉量が増えること。

消費カロリーの多い筋肉が増えることで、基礎代謝がアップします。

 

そして、筋トレで筋肉を動かすことで毛細血管が発達し、全身の血流が良くなりポカポカとしてきます。

その結果、冷えや肩こりなどが改善されます。

 

そして、適度についたしなやかな筋肉は、女性らしいしなやかなボディラインを作ってくれます

産後ママのゆがみがちな骨盤も、骨盤周りの筋肉を鍛えることで正しい位置に引き締められてゆきますよ。

ストレッチ

身体を気持ちよく伸ばすことのできるストレッチの効果は次のようなもの。

  • 自律神経を整えてリラックスさせる
  • 筋肉の痛みやコリを解消する
  • 身体をシェイプアップする

 

気持ちよく身体を伸ばすことで、リラックスしている時と同様に副交感神経を優位にするカルノシンという物質が分泌されます。

ホルモンバランスの乱れや睡眠不足などで自律神経が乱れがちのママにはうってつけ

 

さらに、赤ちゃんのお世話で腰痛や肩こりを感じてしまうママも多いもの。

ストレッチにより身体の柔軟性が上がり、血管への圧力が下がることで全身に酸素や栄養が充分行き渡るようになり腰痛や肩こりといった辛い症状の改善にもつながります。

 

ストレッチによって凝り固まった筋肉がほぐされ、関節の可動きが広がります。それによりむくみが緩和され、ボディラインがシャープになります。

マッサージ

クリームやマッサージオイルを使用しながらのマッサージには、皮膚を保湿して滑らかにするだけでなく次のような効果があります。

  • 代謝アップ
  • 老廃物が排出される
  • むくみが解消される
  • 疲労の回復

 

皮膚の表面を優しく撫でることで、血流やリンパの流れがよくなります。その結果、新陳代謝が上がり、皮膚の生まれ変わりがスムーズに

また、流れのよくなったリンパが体内の老廃物や余分な水分を排出。むくみの改善につながります。

マッサージによって適度に筋肉に刺激を与えることで、筋肉がリラックスさせられて血行も促されます。その結果、疲労が回復されます。

まとめ

産後ママを悩ませるお腹には2タイプ。それは、ぽっこりお腹とたるんだお腹。

余裕があれば、エクササイズ・ストレッチ・マッサージを全てするのが、効果の上でも美容の上でもベストですが、自分をケアする時間を作りにくい産後ママにはなかなか難しいもの。

そのため、まずはどちらのタイプのお腹かを見極めて、優先的に取り組むことを決めましょう

 

痩せるママだけが知っていた、産後ダイエット成功の秘密はこちら↓
なかなか痩せない理由は骨盤!産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

 

今回の記事はあなたのお悩みの参考になりましたか?
この記事が少しでもお役に立てたのでしたら、下記のボタンをクリックしてランキングに協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
   にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です