ダイエットの方法

産後のお腹が戻らないのはなぜ?お腹のぽっこりとたるみは帝王切開が原因?

産後のお腹を自分で見て、このぽっこりは帝王切開が原因なのかしら?と思うママは多いようです。

でも、あなたのお腹のたるみやぽっこりの原因は帝王切開ではありません。

 

ちゃんとケアすれば、経膣分娩のママと同様にすっきりとしたウエストも夢ではありませんよ

この記事では帝王切開後のママのお腹ぽっこりを解消する方法をご紹介ます。

帝王切開後のお腹ぽっこりとたるみが戻らない原因

お腹を痛めた我が子とはまさにこのこと。目の前にいる赤ちゃんが愛おしくてたまらないのではないかと思います。

でも、自分の姿をふと鏡で見た時、妊娠前とは変わってしまったスタイルに少し残念な気持ちになってしまいますよね。

 

特にお腹周り。

出産して赤ちゃんはいないはずなのに、ぽっこりとしたまま。

このままウエスト周りがピッタリとしたデザインの服を着られないなんて、ちょっと悲しくなってしまいます。

 

でも、出産後のぽっこりとしたお腹にはちゃんと理由があります

それは以下の5つのもの。

  • 子宮の収縮には想像以上に時間がかかること
  • 妊娠中に緩んだ骨盤周りの筋肉やじん帯が原因で内臓を正しい位置に支えきれなくなっていること
  • 育児中にとってしまう猫背の影響
  • 筋力の低下
  • 意識せずに食べ過ぎていること

原因が分かれば、あとはそれぞれ対策をすれば良いだけ。

では、帝王切開後のママのお腹ぽっこりはどうすれば解消されるのかを確認してみましょう。

 

産後のぽっこりお腹を効果的にへこませる方法はこちら↓
産後太り克服マイナス15kgで分かった、産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

帝王切開ママのお腹ぽっこりを解消する方法

お腹ぽっこりの原因には色々とありますが、帝王切開後のママに特に気にして欲しいのが「骨盤のゆがみ」と「筋力の低下」

帝王切開では骨盤は開かないものと思っているママもいるようですが、妊娠中に分泌されるホルモンの影響で骨盤周りの筋肉やじん帯が緩み、帝王切開のママの骨盤にもゆがみが生じています

そのため、お腹ぽっこり解消のためにまず取り組みたいのが骨盤ケア。

 

そして、帝王切開後は安静にする必要があり、どうしても通常の生活に戻るまでに時間がかかってしまいます。

さらに、お腹の傷が怖くてなかなかお腹に力を入れられないママも多いはず。

 

これらの影響で、帝王切開のママの方が筋力が低下しやすくなってしまいます。

そのため、適度に筋肉を鍛えることでお腹周りを引き締めるだけでなく、基礎代謝を上げて痩せやすい身体の基礎を作ることが次に必要なこと。

 

でも焦るのは禁物です。

帝王切開の場合は、自然分娩の場合と比較して回復に時間がかかります。そのため本格的に産後ダイエットを開始できる時期は、だいたい産後2〜3ヶ月頃から

ママの身体の回復が第一なので、医師に相談してから産後ダイエットに取り組むようにしてくださいね。

骨盤ケア

帝王切開のママでも骨盤にゆがみが生じているのでケアが必要というのは先ほどお伝えした通り。

でも、帝王切開後のママはお腹に傷口もあるので、自然分娩のママよりもより慎重に骨盤ケアに取り組んでもらいたいもの。

 

そこでオススメなのが、寝たままでできる骨盤ストレッチです。

しっかりと骨盤をケアすることでお腹ぽっこりの解消だけでなく、腰痛の予防や便秘の改善など色々な効果が得られますよ

骨盤スイング

股関節をゆるめ、子宮が正常な位置に戻りやすくなるストレッチ。

出産で緊張しきってしまった筋肉をほぐしてあげましょう。

  1. うつぶせで寝る。この時、腰の下に枕やクッションを敷き、全身をリラックスさせる。両手は顔の下で組み、顔は腕に乗せて力を抜く。
  2. 自然な呼吸で全身の力を抜いたまま、おしりを左右に振るイメージで骨盤を倒す。
  3. 左右10回ずつ行う。

ゆみなり

産後に生じがちな骨盤の左右のゆがみを解消するストレッチ。

身体の力を抜いてリラックスさせた状態で弓なりになることで、身体の側面を広く伸ばすことができます。

  1. 身体に過度の負担とならないよう、できる範囲で伸ばしてゆきましょう。
  2. あお向けに寝て、両手を頭の上の方に伸ばす。
  3. 片脚を横に広げ、その脚にもう一方の足も近づけて行く。両脚がくっつかなくてもOK。できる限り近づけましょう。この時、両方のお尻の膨らみを床につけるようにして骨盤を安定させておく。
  4. 自然な呼吸のまま30秒伸ばす。
  5. 逆側も同様に。

 

産後太りで悩んでいがママもいる一方で、出産後というのは、実は妊娠前よりもスタイルがよくなる絶好のチャンス

でも、ただ食事や運動に取り組むだけでは、効果的に骨盤を正整えることができず、みすみすこのチャンスを逃すこととなってしまいます。

 

あなたと同じように産後太りに悩まされた私が確信しているのは、産後ダイエットの鍵は継続的な骨盤ケアだということ。

そして、毎日赤ちゃんのお世話で忙しい産後ママが、無理なく継続的に骨盤ケアを行えるのが骨盤ショーツなのです。

 

産後のお腹ぽっこりを効果的にへこませてスリムなママに変わりたいなら、ぜひクリックして確認してみてくださいね。
→産後太り克服マイナス15kgで分かった、産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

腹筋を鍛える

帝王切開後のママが腹筋を鍛えるには、お腹の傷への影響を考えるのが第一。

負担になりすぎないよう、傷口が回復してから、できる範囲で行うことを心がけてくださいね

 

普通の仰向けに寝る腹筋は、お腹の前側の筋肉しか鍛えられず産後ママのぽっこり解消にはあまり役に立ちません。

そこでオススメしたいのがプランク。

 

プランクは普通の腹筋で鍛えられる腹直筋だけでなく、腹斜筋や腹直筋といったお腹周りの筋肉をまんべんなく刺激することができます

さらに運動自体がシンプルで動きも少ないので、産後ママにピッタリと言えます。

 

プランクのやり方は、うつ伏せの状態で両肘・両足のつま先を使って体を支えて、体を浮かせるだけ。

あとは自然な呼吸でこの姿勢を30秒間保つだけ。

 

30秒だけと書きましたが、意外大変なので、まずは無理のない時間から始めてくださいね。

プランクのポイントは、腹筋に力を入れて足から背中までが一直線の姿勢を保つこと

場所や時間を選ばないので、赤ちゃんがお昼寝をしている横などで試してみてくださいね。

まとめ

帝王切開後のお腹ぽっこりは、正しくケアをすれば直ります

でも、何よりも大切なのか傷口を完治させることと体力を回復させること。

 

ただでさえ慣れない育児で大変な毎日。無理をして体調を壊しては元も子もありません。

できるところから取り組んで、スリムなウエストを目指してくださいね。

 

今回の記事はあなたのお悩みの参考になりましたか?
この記事が少しでもお役に立てたのでしたら、下記のボタンをクリックしてランキングに協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
   にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です