ダイエットの方法

産後ダイエットはいつからがおすすめ?成功の秘訣とその効果的な方法とは?

出産すれば体型が元に戻ると思っていたのに、全然戻っていない!

そんなお悩みを持ったママは多いもの。私自身、妊娠中の体型の変化は出産さえすれば元に戻るものと思っていました。

 

でも、思ったよりも体重が落ちず、何よりも体型が崩れたままで泣きたい気分。

この記事では悩める産後ママのために、産後ダイエットに成功する秘訣とその効果的な方法をご紹介します

>>お腹のたるみが戻らず、一生産後太りのままになってしまったらどうしますか?
調査によると、出産後80.1%のママが妊娠前の体型に戻りたいと思っているにも関わらず、60.9%のママのお腹のたるみが戻らず、さらに41.7%のママは産後太りのまま体型が戻っていないという結果に。
あなたは大丈夫ですか?

 

産後ダイエットはいつから始めてもいいの?

出産後は妊娠中に赤ちゃんを守るために増えた脂肪だけでなく、出産に備えて緩んだ骨盤を支えるために脂肪がつきやすい時期。

さらに、妊娠中にあまり動かなかったことによって全身の筋肉量が減少していて、基礎代謝も低下してしまっているので太りやすい時期と言われています。

 

でも、妊娠中についてしまった脂肪は水分が多く柔らかい状態なので、 冷えて硬くなってしまった通常の脂肪と比べて落としやすいもの

しかし、産後6ヶ月頃になるとこの落としやすい脂肪も普通の脂肪になり、落としにくくなってしまいます。

そのため、産後ダイエットは産後6ヶ月までを目安に完了するのが理想的

 

そしてその産後6ヶ月の完了を目標にダイエットを始める時期は早ければ早いほど良いように思われますが、産後ママの体はとてもデリケート。

無理をしてしまうと、将来、尿漏れや婦人病などに悩まされる原因となってしまいます。

そこで出産後1ヶ月の間は体の回復を最優先にさせて、ママの産後1ヶ月の検診の時にお医者さんに特に問題がないことを確認してから、というのが産後ダイエット開始のベストのタイミングと言えます。

 

産後ダイエットを始めるまでの間は、お腹や骨盤周りの筋肉のダメージを回復させるだけでなく、筋肉に刺激を与えて血行を促すことで母乳の分泌や悪露の排出などを良くする産褥運動おすすめ。

簡単な運動なので物足りないように感じるかもしれませんが、出産のダメージは全治8ヶ月の交通事故にあったのと同程度と言われるほど激しいものなので、軽い運動から少しずつ身体を慣らすようにしましょう。

 

帝王切開のママダメージはさらに大きいものなので、お医者さんに相談をしてから始めるようにしてくださいね。

産褥運動は、出産前に受講したパパママ学級などで配られた冊子に載っているのでそちらを参考に。

 

痩せるママだけが知っていた、産後ダイエット成功の秘密はこちら↓
なかなか痩せない理由は骨盤!産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

産後ダイエットにおすすめなのは骨盤エクササイズ

あなたが産後ダイエットに求めるものは何ですか?

単に体重を落とすことでしょうか。あるいは妊娠前のようなスタイルに戻すことでしょうか。

 

おそらく多くのママが体重を一つの目安としていますが、実際は妊娠前のようなスタイルに戻りたいと思っているのではないかと思います。

このスタイルを戻すのに役に立つのが骨盤エクササイズ

 

自分の好きな洋服をかっこよく着こなしたい、出産後でも水着で海やプールで赤ちゃんと一緒に遊びたい、お腹やお尻を隠すようなチュニックではなく体にフィットした洋服を来て職場に戻りたい。

これらの希望はみんな骨盤のゆがみを治して筋肉をつけることで叶えられます。

 

まずは美しい筋肉をつける土台として、骨盤のゆがみを正してゆきましょう。

骨盤のゆがみを直す時にポイントとなるのが骨盤底筋群。

 

この筋肉は出産の時に伸びきったゴムのように緩んでしまい、そのままにしていると骨盤が正しい位置に戻らなくなってしまったり、尿漏れしやすくなったりしてしまいます。

そのため、骨盤底筋をしっかりと引き締めて骨盤が正しい位置に戻りやすくなるようにしましょう

 

まずは、骨盤の左右のバランスを整えるのに効果的な体操から。

膝を抱えるエクササイズ

  1. あお向けになって足をそろえてつま先を伸ばす。左右のつま先からひざが床と平行になるようにしながら両腕でひざを抱える。
  2. 息を大きく吸う。
  3. 息を吐きながら、腕の力でひざを胸のほうに引き寄せて10秒間キープ。
  4. 以上の動きを3回繰り返す。
  5. 脚の力を抜いて、ひざを抱えてストレッチ。

 

次に、骨盤底筋群を引き締めて、おばさん特有の台形型のどっしりとしたお尻になるのを防ぐ体操。

足首交差で引き締めるエクササイズ

  1. あお向けになって、ヒザを軽く曲げたまま脚を垂直にあげる。手は床の上に自然に広げて起き、足首を交差させる。
  2. 息を大きく吸って余分な力を抜く。
  3. 息を吐きながら、両足首を互いに押し合うように力を入れる。
  4. 上側になる脚を入れ替えて同様に。3回繰り返す。

 

最後に、妊娠や出産に関わらず、全ての女性にオススメしたいヒップアップと膣を締める効果もあるエクササイズ。

骨盤底筋群を鍛えるエクササイズ

  1. 仰向けに寝て、足を肩幅に開いてヒザを立てる。手は、手のひらを下にして自然に広げておく。
  2. 下腹部とお尻に力を入れて骨盤を締め、息を吐きながら腰を上げる。この時、膣がキュッと締まるのを意識する。
  3. 息を吸い、骨盤を締めたまま息を吐きながら、背骨の上の方から順に床につけるようにしてゆっくりと床に腰を下ろす。
  4. 以上の動きを3〜6回繰り返す。

痩せるママだけが知っていた、産後ダイエット成功の秘密はこちら↓
なかなか痩せない理由は骨盤!産後ダイエットに失敗しない骨盤ショーツ3選

産後ダイエット成功の秘訣

産後ダイエットを頑張るぞ!と思うママはとても多いですが、成功するママと残念ながら失敗してしまうママがいます。

それはなぜでしょうか?

失敗してしまう一番の理由は、産後ダイエットを頑張ってしまっていること

 

ただでさえ毎日の赤ちゃんのお世話で忙しいママが、さらにダイエットも頑張るというのはなかなか難しいものです。

そこで産後ダイエットを成功させるための秘訣をご紹介。

それは、産後ダイエットを生活の習慣の一部としてしまうこと

 

そして何か新しいことを習慣化させるには、すでにある習慣に付け加えることがポイント。

例えば、今回ご紹介したエクササイズは全て横になってできるものなので、朝起きてすぐや赤ちゃんのお昼寝のタイミングに取り組むようにすると無理なく習慣化できますよ。

まとめ

産後ダイエットを始めるのは、少なくとも産後1ヶ月以上経ってから。焦って身体を壊しては元も子もありません。

そして、痩せやすいタイミングは産後6ヶ月までの間。

 

ダイエットを頑張るぞという意気込みは良いですが、成功させる秘訣は習慣化させてしまうこと。頑張り屋さんのママは特に気をつけてくださいね。

無理のない産後ダイエットで、妊娠前のスタイルを取り戻しましょう!

 

今回の記事はあなたのお悩みの参考になりましたか?
この記事が少しでもお役に立てたのでしたら、下記のボタンをクリックしてランキングに協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
   にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ

ABOUT ME
misa
妊娠前は身長160cm、体重52kgのごく普通の体型。 出産後、なかなか減らない体重に苦しみながらも、結果として-15kgのダイエットに成功。 育休明けには、妊娠前よりも3kg減の49kgに。 この経験を生かし、痩せたいけど痩せられないという悩める産後ママのため、実体験を基に「綺麗に痩せられる方法」をお伝えするブログを立ち上げました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です